スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロックとエンターテイメントは別の生き物。

親バカになってきました。
かっこよくないですか?
…絵が。
200803040556000.jpg

スネアがすねてしまって本気でクソみたいな音しか鳴らさなくなってしまいました。
どうしよう、なんだってこんな直前に…。
今からヘッド張り替えたって間に合わない。
でも君の音はしっかりRecで収録されたんだよ、幸せ者め。
誰か…30000発くらい叩き込んだREMOのアンバサダー、1枚張りコーティング無しのヘッド余っていませんか??
一般的には普通のドラマーがもうダメだなって思ったくらい使い込んだのが俺にとっては最高のヘッドなのです。
ただし減衰の波形が短過ぎるのはダメ、余韻がビヨヨヨ~ンってくらいがいいなぁ!!
ちんぱんです。


ロックとエンターテイメントは別の生き物。

ロックという響きが実はいかに古臭いことか。
ある意味で今の時代から考えると想像以上のギャップが存在するもんです。
そう思ってならないのです。
たくさんいますね、有名無名問わずロックバンド。
既に形骸化しているんです、ロックって。
ギターベースドラムが鳴っていたらロック??
そんなはずないのにね。
その次元から考えると_ _ _ _*もとてもロックバンドとは名乗れないわけで。
むしろ俺達はロックというよりも恐らく○○○です。
お任せします。

時世の変化と共にロックというものが姿形を変化させているように俺達も変わっていかねばならないのでしょうか。
俺の感覚がレトロ過ぎるのか、はたまた時代がロックをもう必要としていないのか。


多分俺が書いているここまでの流れっていうのは末端を知った人じゃないとわからないのかもしれません。
末端。
スタート地点により近いバンドさんがたくさんいる場所、それはライブハウスですね。
ここから始まるのが通例なのですが、どうもロックってものが…。
滅びますよ、ロック。
もうライブハウスにはほとんどロックを育てる土壌が無いような気がするのです。
いや、別に滅びたとしてもね、需要が無いのならそれも仕方がない。
ただ、余りにもセールスを意識したロックしか…。

現場でよく目にするのです。
普通に考えたらロックを冒瀆するようなロックの作り方を。
本来、ロックを作るって表現自体がおかしいのかもしれませんが、そんな事を書き出せばまたおかしな事になるので割愛!

たま~に思うんですよ。
俺達って一体何をやっているのかなぁ…って。
だってさ、1曲作るのにかかる時は本当に3ヶ月とかですよ。
それだけやっていてもある場所では1日3曲とか平気で出来ていたりして。
何この差??
もうよくわからないんでどうせならエンタメっていう音楽のジャンルを作ってしまえばいいじゃないですか。
でもどちらも本質は実は似ていたりもして。
だけどそれなら皆頑張るぞ…ロック棚に置かれないとって。
いや、そんなのどうでもいい話なのですが切に思うのです。

今の時代のロックって何?って。

3月8日にお呼びしている春日井さんなんか完全にロックですよ。
出音がどうとか何してるとかそんなのじゃなくてもうね、プンプン。
ポップスやろうがサイケやろうがロック、どうしようもなく匂うんですよ。
香しいドロドロした濃度の芳香が。
きっと救われる人も多いんじゃないかなぁ、涙が出てくる程のサウンド。
この日はそんなバンドさんしかいないのですが…不思議ですね。
そうそう、余談なのですが春日井さんに最初に出演依頼のお電話をした時の事。
ホームが名古屋なんですよね、いろいろあるじゃないですか、出演決定にはそれなりの段取りってものがあったりして。
でも俺は出て下さいとは言いませんでした。

―こういう日があるんです、本気でやって下さい―

恐らく四谷サイドからもそういう話があったと思うのですが…というのも俺自身が都内で観た時と名古屋で観た時のギャップが激し過ぎて。
なんとかホームの状況を四谷で作れないものかと考えたのでした。
最悪続行不可能なんてのも余裕で考えれるパフォーマンス有りなんですよね。
その状況というのは当日観てもらえればわかります、実は_ _ _ _*も原因こそ違えどワンマンのリハ時にその事態に陥っています。
ライブレポとかに書いてたかなぁ??
そうだ、俺のバスドラって24インチで大きいのですが春日井さんとこは34インチ。
面白いですよ。

話が寄り道しましたね。
戻りますがハートが音に伝わった時って物凄いんですよね。
そんな名演数多く心に残っています。
残念ながらライブというものは心に残らなければ何も残らないんですよね。
映像にした所で映像、ライブでは空気感までは…それが名演を目撃する度にいつも悲しくなるのです。
俺はシンプルにそれこそがって思うのですが…違うのかなぁ。
谷村新司だってCCレモンホールでダムダム団出演時に間近で観たのですが、あれ実は恐ろしいロックだと思っています、バラード歌おうがロック。
ロック死んじゃうのかなぁ、悲しいなぁ。
もっとスマートに生きれる時代がやって来ているのでしょうか。
そんなわけないのにね。



そろそろ卒業式のシーズンですね。
俺考えたらまともな卒業式って…高校の頃なんて覚えてさえいないもんです。
あれだ、お花見とか…今年も井の頭公園見に行ってみよう。
乱痴気騒ぎとかって見てるだけで楽しいじゃないですか、きっと人間も元はあんなもんなんだ。
頑張るなぁ、人間。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://drpan.blog73.fc2.com/tb.php/552-07e9e2ff

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。