スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今は何の時代なのか。

桜~桜~。
大変ですね、井の頭公園が炸裂していました。
ゲロ踏みそうになって危ないって大股で飛び越えたらやっぱりゲロでした。
罠にかかったようです、やるなぁ。
しかもサンダル、悲劇は更に連鎖…水道で足を洗った矢先どうやら誰かのおしっこの水溜りに。
もうこの時期2度と行かないぞ。
ちんぱんです。


最近は缶詰になりまた今日も…そう、最近はもっぱらどこかに篭もっている事が多くあまり太陽を浴びない生活になっています。
寝るのもこれから、あまりよくないですね。

そんな中、ふと耳にしたニュース。
刑務所に入りたくて誰でもよかったという理由だけでホームから人を突き落としたというものでした。
最近全くと言っていい程に何が起こっているのかに疎かったので聞いて驚きました。
これはどういう事でしょう。
無差別の事件自体は珍しくないのかもしれませんが…滑り込んでくる電車に向かってホームから突き落とすだなんて考えられない。
とにかく最前列に並ぶのはやめましょう、意味がわからない。

突き落とされた人生は一体何だったのか。
酷い話ですが救急隊員が駆けつけて僅かながらの会話の中で突き落とされた事さえわからなかったとの事。
何を突き落としたかったのか。

エレベーターは安全なのか。
横断歩道は安全なのか。
階段は安全なのか。

もうこれからはもっと考えましょう。
理路整然と理屈に従って道理に照らし合わせればそんな簡単な話はないのです。
突き落としたのが悪いと。
ただ実際にこういう事が起こるという事は何かが変わってきているような気がしてなりません。
随分と事件の質も変わってきているのも確実。
何か…映画やゲームの世界の出来事が現実に起こっているような…。
ひったくりや振り込め詐欺なんてのとは質が違うじゃないですか。

俺…今いきなりホームから突き落とされたらどうなるんだろう。
自分がいなくなってしまうのはともかく残してしまった人達に対してどうにも…。
考えられない。

ある人は言うんですよね。
今の若い人は何か目標が無いと生きる目的がわからないって。
俺はそれを聞いて生きる目的なんてそもそもあるのか?なんて思いました。
考えたら俺なんかでも生きる目的は何?って聞かれた所できっと即答出来ないと思います。
だって目的も何も生きてるもんなぁ、とにかく生きてます。
いずれ死ぬ時が楽しみでもあり怖くもあるのですが…それとて少なくとも今は非現実的な話なわけです。
それが別にどんな世代であれ特別変わるとも思えないのですが…やはり話は聞いてみるもので俺達から一回り下っただけで全く違う事情があるものなのですね。

う~ん。
考えたらなんでも揃ってますよね、俺達ってきっと幸せなんですよ。
幸せに飼い殺されているのかもしれません、それはもしかしたら不幸せなのかもしれません。
そして何かの罰を受けているのでしょうか。
神様にしかわからない問答でしょう。

なんだろう…自由って言葉があるじゃないですか。
もう今の自由って意味合いが変化してしまっているような気さえします。
とにかく好き勝手に生きれるのが自由なんでしょうか。
俺が教わった自由ってものはそうじゃなかったけれどもショックな言葉を聞く事があります。
自由ってのがどこかに消えてしまいそうで。

例えば…あっけらかんとした流れだったのですが驚いたのが学生さんで直に会った時には挨拶してこない人がいたのでした、面識あるのにね。
それでわりとすぐ近く、それも10mくらいの所にいるのにわざわざメールで挨拶してきたのでした。
いやいや、少し歩けばすぐ言えるのに…なんで!?って思うじゃないですか。
するとどうやら話すよりもメールのほうが気持ちを伝えやすいのだとか。
うおおぉぉって出来事でした。
そんなのを大真面目にメールで説明されたのですがなんだこれ!?ってなりますよね。

きっと今起こっている事のバックボーンを理解出来ていない俺がいるのでしょう。
話は戻りますがやっぱりわかりません。
誰でもいいからだなんてどう考えても…。

50年後、今の時代ってどういう風に解釈されているのでしょうか。
俺は思うのです。
今ってきっと無関心の時代なんじゃないだろうかって。
人が人に無関心。
それはつまり自分にも無関心だという事でその連鎖が始まっているんじゃないだろうかと疑っていたりします。
きっと俺だって50年前の人よりは自分に無関心なのは間違いないはずで、それはもう亡くなった爺ちゃんとの会話から感じていたのですが。
だって無関心でもそれなりに生きていけるじゃないですか。

加害者に聞きたいもんです。
何を突き落としたかったのかを。
全てわかった上でやってしまったのだとすればまだ罪と対面出来るじゃないですか。
でももし…何を突き落としたのかさえわかっていないだとすれば、それはきっと俺達にも生き方を変えろという警告なのかもしれません。

人を人として見えなくなるような世の中であれば、それに気付けないままそこに至ってしまっていたのであれば…考えたくもないのですがその時は対峙しなければ。

わからない、わかりたくもない事件が多過ぎる。
酷い、でもせめて身の回りの人だけでも守らねば。
そう誰しもが思える世の中にならなければ繰り返されるのでしょうか。

音楽ってそういう時何が出来るのか。
何も出来ないのであれば俺も生きる目的ってやつを見失うのでしょうか。
これはなんと悲しい話なんでしょう。
伝えないと。
きっと俺にはそれしか出来ません。

この気持ちを伝えないと。
スポンサーサイト

コメント

私も、この事件には胸を痛めました。

心理学者がテレビで「自分を世の中から抹殺したい。
けど、死にきれないために、他人の身体を使って
自分を抹殺したのだ」と言ってました。

加害者も病んでるということなのかなぁ…と。。

何がどうなっているのかわかりません。
ただあまりにもあっけらかんとした顔で誰でもよかったとの言が出たという記事を読んだ時に強烈な違和感に襲われました。
音楽通してでしかそういう事を深く考えれない俺にとっては大事件でした。
もう少し考えてみます、ありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://drpan.blog73.fc2.com/tb.php/569-0545400d

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。