スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖火リレー。

ねるねるねるねの混ぜ過ぎに注意しましょう。
ドラムでもやられない右手首が張っています。
ちんぱんです。


聖火リレー。
よくわからないけれど報道規制もかかっているようですね。
長野なんて近いので直で見てきました。
駅前が凄まじい事になっていましたね。
とはいえ米国の比ではないのでしょうが…。

あれは報道なんかじゃわからない。
じゃあ日本で五輪が開催されたとして、どこかの国を聖火が通過する際には同じ事になるのではないのかと疑ってしまうような光景でした。
そんなことはないんだろうけれど…。
俺は現場から少し離れたビルから見ていたのですが…なんだろう、あの異常さは。
シドニーオリンピックの際にも聖火リレーを見たのですが同じものとは思えなかった。
もはやその異常な光景の中に日本の意志という意志は全く感じられず。
なぜ騒動になるとわかっていて強行するのか、その意義も見出せませんでした。
ただ五輪に参加するという点で聖火ランナーの皆さんはとても強い気持ちで走っていたように見えたのです。
護衛も物々しくてなんか凄かったです。
どこかで流血騒ぎもあったようですが俺は見ていません。
そして今日ソウルでの聖火リレー。
最悪ですね。
チベットフリーと書いたTシャツを着た米国人を中国人グループが取り囲んで…などなど。
これは具体的に開催の危機じゃなかろうか…。
ちょっと調べてみてください、いろいろ報道されています。

五輪に参加したくなければまずテレビのスイッチを切りましょう。
思想みたいなの書きたくないけれどただひたすらにそう思ったのでした。
これからどの程度報道規制がかかっているのか聞いてみます。
大変だな、オリンピック。
それとは別で切り離してせっかく与えられたこの機会に叫ばれている問題を広く皆が知って少しでも考えれればと思います。
大体なんであんな事になっているのかを知らなければわけわからないじゃないですか。

開催されるまでの過程が重要なのでしょう。
選手でもない俺からすればメダルがどうとかってよりも開催される事自体が価値あると思えるのです。
この世界にあんな大会他にはないんだから。
そして開催中から閉会式までオリンピックが間違っても誰も殺すようなものではない事を願うのみ。
闘争、それが何を産み出すのか…過去の歴史を紐解けば…。
せめてタイマンでグーパンにしておけ、それ以上は何も使わないでいて。
誰も死なないで。
もうこれ以上書くまい。



そうそう、グーグルアースって知ってますか??
地球上を好きなように見れるソフトですね、簡単にダウンロード出来ます。
どこでも見れるんですよね。
観光地であろうと軍事施設であろうと住宅地であろうと村であろうとお構いなし。
それで今住んでいる自宅を見てみました。
目の前の駐車場に停めてある車が写ってるかな~って。
写ってませんでした。
なんで!!??
というのも撮影されたのは昼間。
昼間で車を停めていない時なんて本当に遠征中くらいのものです。
せめて我が車だけでも写っているかと楽しみにしていたのですが…なんという間の悪いタイミングで衛星がやってきたのでしょうか…。
俺の駐車場だけポッカリと空いていたのでした。

このグーグルアースを見るのが楽しくてしょうがないんですよね。
なんせ道の1本1本までがわかるもんだから、過去に通っていた道や旅行先、それも海外なんかもよくよく思い出して泊めてもらった家とかを見つけた時なんて感動ものです。
小学校の頃、ここで喧嘩したなぁとかからまれたなぁとか…ここで自転車に轢かれたなぁとか…それとかここで悪い事してたなぁとか。
もしくは昔出入りしていた廃墟とかね…それこそ見る場所が尽きないものです。

凄いんですよ。
このグーグルアースの技術って実はもう20年以上前の軍事目的で使用されていたものなんですよね。
じゃあ今の最新鋭はどんなのってそんなのわかりきっているじゃないですか。
例えば俺が国際指名手配されるとしますよね。
いや、ありえないんだけれど例えばですね。
それで吉祥寺辺りをブラブラ歩いているとするじゃないですか。
すると俺を探しているどこかの国が何らかの情報を元に複数の衛星からの画像で吉祥寺を歩いている俺の真上、真正面、真後ろと全て映し出して完全に居所がばれてしまいます。
つまりはるか上空の衛星から特定人物を目で見るのと同じ状態で映し出してしまうのです。
どうなんだろう、もしかしたらもっと進んでいるのかもしれませんね。
各国のターゲットされた要人なんてそれで居所がばれているんだからもうどうしようもない。

なんて時代なんでしょうね。
もう宇宙から地球が見れるようなものが一般に普及されている。
街中には至る所に監視カメラが設置されたりしています。
それも凄いのだとチロルチョコくらいのレンズで半径10m近くをカバーするような360°超広角レンズですよ。
おかげで何かの事件の時に容疑者がポロっと撮影されていたりして逮捕のきっかけになったりもしていますね。
自宅防犯のカメラも携帯から確認出来るなんてもう古い話。
だけどね…何もしていなくてもどこかで誰かに必ず見られているという事実。
渋谷新宿なんてもう逃げ場が無いでしょう。
そういうのを見ているとプライバシーがなんだとかって時にバカらしくもなります。
意外な程に既に損なわれているものです、そう、一歩家を出た瞬間から。

でもグーグルアースは楽しいのでやってみてください。
まずは自宅を見つけてみましょう~。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://drpan.blog73.fc2.com/tb.php/586-da905eee

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。