スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解せない。

松屋の不思議その?
なぜ麻婆とカレーが合体しているのか、味が独立しているじゃないか。
松屋の不思議その?
山かけまぐろ漬け丼490円が大盛りになった瞬間なぜ780円にまでなってしまうのか。
ちんぱんです。


ちょっとお報せです。
発売が大幅に遅れていたBeat magazineがようやく解禁になりました。
先ほど現物確認したのです。
インタビュー記事やらイベント出演時の記事も載っているのでチェックしてみてください。
1Pズガ~ンといっちゃってます。
フリーペーパーでライブハウスなんかに置かれているのではないでしょうか。
ちょっとした逸話なんかも載っていますね~、いや、載っちゃってるなぁってのが正直な所ですが…あぅあぅ。
何であろうとメディアとかは_ _ _ _*としても珍しい機会なので手に取って読んでやってください。


今日は渋谷から池袋から高円寺からいろんな場所を駆け回っていたのですが、結局辿り着いたのが四谷。
そしてそこからグデグデと話したりライブ観せてもらったりしているうちになぜか終電逃すまいと駅に向かってダッシュしているのが不思議でしょうがなかったのです。
やる事たくさんあったからすぐ帰るつもりだったんだけれどな~、おかしいなおかしいな~。

で、駅からまた自宅まで2,5kmあるんですよね。
バスも無くなっていたから仕方なく歩き出したのですが気付けば誰かと電話していて。
何件か電話しているうちに不思議と自宅に到着。
うお~うお~、ビックリ。
よくわからないけれど想像以上に楽に着いたものでした。
いや、わりとよくある話ですね。
そうなんです、よくある話なんです。
本当なら21時くらいには帰っていたはずなのにってね。
今だけを楽しんでいたらこうなってしまうのです。

今だけを見ろ。
これがいつからかとんでもなく難しいものになってしまったようです。
だって次の日の予定とかあるじゃないですか。
体調整える為に寝ないととかここで疲れ過ぎないようにとか。
でも考えたらそんな人のほうが少ないんですよね。
場所柄なのでしょう、皆このまま幸せになってしまえばいいのにね。
そんな今日でした。


話は変わるのですが、最近の事件は酷いですね。
なんかすぐに刺すみたいで…。
というか、そもそもそんなにすぐに人を刺せるのでしょうか。
成り行きを読んでいたら余りにも簡単に刺しているじゃないですか。
ちょっと理解出来ないなぁ。
いきなり口論やグーパンを通り越してるんですよ。
有無を言わさずでしょう、信じられない。
そんなにストレスが溜まりやすい世の中なのでしょうか。
それとも刺すという感覚が鈍ってきているのでしょうか。
人間の理性ってやつはどこかで基準が変化しているとでもいうのでしょうか。

いろんな社会問題、いつだって誰かが取り組んでくれているんですよね。
でももしかしたら何かが間違っているのかもしれない。
きっとよっぽどじゃないと刺せないはずなんだから。
最近のニュースを調べてみてください、ちょっと信じ難いようなものばかりです。

昔飼っていた猫、もう死んじゃったんだけれどもね、そいつは幼少時よく噛むやつだったんですよ。
あいつの幼少時…大変だった。
それこそ渾身の力で噛んでくるもんだから…肉がえぐれるくらいにね。
飼っていた俺にも平気で噛んでくる、どうやら噛むのが好き以上に相手が喜んでいると勘違いしているかのような勢いで。
一生懸命考えていたんですよね。
どうしたら噛まれるのが痛いのかを伝えれるか。
噛んだ瞬間に頭はたく位じゃわかってくれなくて、しょうがないからあいつが脳震盪起こすくらい叩いたものでした。
バッシ~~ン!と叩かれてフラついているのにそれでもわかってくれなくて。
根本的に噛む→痛い→よくないというのがどういう事なのかを理解していなかったのです。
最後の手段はあいつが噛んできた時に俺が思いっきり噛み返すでした。
だって家に居た誰にでも噛み付いて何度も血が出ていたんだから。
そして俺の二の腕にしがみついて噛んだ、俺はそのまま首筋を思いっきり、それこそ死ぬぞってくらいに噛み返したんですよね。
痛かったんだろうなぁ、思いっきり噛んだから。
フギャミャア~っていう悲鳴と共にあいつは二度と噛まなくなったのでした。
その夜はまだ覚えたてだったドアノブにしがみついて自らドアを開けてこっそりと俺の布団に入ってきたもんです、すまんかったなぁ~って言っていたみたい。

なんかニュースを読んでいるとそんな事を思い出したのでした。
あまりにも簡単に人を刺せるって事は刺すっていう意味をよくわからなかったんじゃないかと思って。
悪い事して注意されたからその報復で刺すってのであればこの世界のあらゆるものが崩壊ですね。
人間は本来狂気の塊、きっと大昔は全て解放されていたのでしょう、生きる為に必要だったのかもしれません。
攻撃するかしないかの選択肢が無かったかもしれない。
でも今は現代。
ハムラビ法典のようにもいきません。
ただ裁かれようが何しようが亡くなった人は帰ってこないのです。
さすがに俺も刺された事なんて無いから痛みなど想像さえ出来ないのですが少なくとも刺してはいけないくらいはわかっているつもりです。
何が足りないんだろうか。
何かがおかしくなっているんだろうか。
昔からそんな事件は多々あれど最近のはどうのもおかしいのが多いように感じます。

大体そんなに刺すようなものがすぐ傍にあるんでしょうか。
ブチ切れて激情してもグーパンなんだけれどなぁ、それとて殴る位置くらいは最低限考えているだろうにね。
気をつけましょう、もう何がどこで起こるのかわからない時代のようです。
それこそ個人レベルでね。

ふと気付いたんですよ。
俺もそういうニュースを読むのに慣れてどこか麻痺しているんじゃないのかって。
ニュースだから…ここじゃないどこかで起こった事だから…でもなるべく頭の中をフラットにして読み返すと恐ろしい事件ばかりです。
それらの1つがもし身の回りで発生したのであれば…それはなんとしても止めなければいけない。

もしかしたら…もしかしたら命なんて驚く程あっけないものなのかもしれませんね。
どれだけ考えてどれだけ一生懸命に生きていようともちょっとしたエラーで…なんて話が溢れ過ぎているんだから。
そうなってしまえばどんな言葉も何の役にも立たないのでしょう。

なんでもいいからフラットな状態でニュースを読んでみてください。
気付けば恐ろしい世の中になってしまっているのかもしれません。
理解しなければならない事を理解出来なくなっているという事。
これはきっと何かの前兆。
何の時代か考えましょう。

きっと他人事ではないのだから。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://drpan.blog73.fc2.com/tb.php/614-72771391

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。