スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創作。

サッカーが凄いですね。
実は物凄く好きだったりします。
ちんぱんです。

マニアの域に達しているはずなのでサッカーの話題とかならどこででも振ってきてみてください。
喜ぶはずです。
オランダを応援するんだ、なぜならオレンジだから。
きっと炸裂するぞ。


さて…_ _ _ _*は恐らく7月はライブ無いのです。
でもまだ内緒だけれども8月から年末まではバタバタっと決まってきていたりします。
その時期をすっきりと迎える為にも…またまたRecに取り掛かるのですが、これからしばらくはメンバー共々本格的に引き篭もろうかと思います。
夏までにはすっきりとね。

創作。
もちろん今まで演奏させてもらってきたものがベースなのですが、いかんせん音源作品という事でしっかりと後まで聴けるものを録るつもりです。
本当の本当にこれでいいのかの連続。

一概に創作と言っても人の数だけ多士済々でいろんなタイプがいたりするもんです。
_ _ _ _*って個別だと妙に面白いんですよ。
きっと俺だけタイプが違ったりしていそうです。
O型丸出し丸投げした後勝手に丸呑みみたいな…わかりにくいなぁ。
俺なんかだとさぁ今から創るぞみたいなのは無理なんですよね。
絶対無理、なぜなら頭がどうしてもどうしてもそういう風に出来ていない。
ボ~っとしている間に出来上がっていたりするもんです。
それこそ歩いている時とかバス乗ってる時とか皆でご飯食べている時とか場所を選ばない、出るもんは出るみたいな。
完全に印象の世界ですね、悲しいかな建設的なアレンジが出来ない。
きっとしっかりとしたフォーマットに沿ったバンドさんに所属しているのならまた違うんだろうけれど、もはや習性みたいなものですね。
そこらかしこで思いついたのを帰宅するまでに覚えておいて鍵盤叩いてこれでこうだみたいな。
何度も悲劇がありますよ、忘れちゃったみたいな。
でもアレンジなんかでも鍵盤叩きだしたら即決がほとんど。
湧き出るものをそっくりそのまま表現出来たらそれは間違いない場合がほとんどだから。
でも逆にそれっぽいのを創ろうとすると頭がパンクしてきて公園行きなんですよね。
曲そのものよりもこれはこういうものだと無難でしょみたいな鉄板アレンジとかだと自己嫌悪の末に1発でダウン。

湧き出るものと書きましたがこれがまた難しい。
だって俺は絶対音感の持ち主じゃないんですよね、相対音感止まり。
スケールによっては不思議とわかるのですが、それは全部じゃないから絶対音感じゃない。
だから頭の中で音階鳴らしても世間様でしっかりと定められている12音階を外れている場合がほとんど。
だから音階で描くのは止めたんですよね。
景色。
スキップとかしていると体内で流れているリズムとかなんとなく流したいようなサントラとかってわかりやすいじゃないですか。
そういうのが各シーンに必ず内在しているものですよね。
それだと俺でも出来るもんです。

例えば轢かれそうになった瞬間やもうダメだと思った瞬間などあらゆる景色。
轢かれるとも思っていない→うん!?→轢かれるやんっ!!→どうするどうする!?→おぉ~助かったみたいなので1曲とかだと簡単に作れるけれども…それが例えば全て妄想の世界でああなったらいいなこうなったらいいなだと全くダメなんですよね、アレンジも同じ。
悲しい…。
俺の創るものなんてベースは何かしらの実体験というケースがほとんどじゃないでしょうか。
心底願っているものがほとんどなはずです。

逆に信じられないのがデスクに向かって1曲丸々描ききってしまえる人ですね。
凄いと思う、それで素晴らしいものをポンポンと生み出せるのであればそれは凄まじい才。
音楽に限らず何人かいるんですよね、そういう人。
完全にフィクション、想像の世界からだけで気持ち良いものを創れてしまう人。
友達で1人小説書いている人がいるのですが、その人なんて凄過ぎて丸2日くらい後姿眺めていた事があります。
書き出すまで本当に何も考えていないんですよ。
何を書くのかさえも全くね。
それでデスクに向かって小1時間経ったくらいにゆっくりと慎重に最初の1行を書いたんですよね。
そこから止まらない、とにかく止まらない。
ご飯も食べないしトイレも行かないし眠らない。
今だとばかりに怒涛の如く書き出すんですよね、しかも顔は終始登場人物の心象風景を投影させているかのように激しい変化の繰り返し。
あの源は何なのか、それがきっと今の世を創り出したんだと思えたのです。
俺も終いには顔で登場人物やナレーション的なもの…つまりどういう場面を書いているのか分かってしまった程でした。
そんな人もいるんですよね~。

でもこういう作業って実は日常からでは考えられない程に自分と向き合えるものです。
我のキャパシティそのものが問われる時間でもあったりして。
だって思いついたものを具現化する段階で自分があまりにも小さかったら1000のものでもせいぜい100止まりになっちゃうんですよね。
そもそもその時点で曲のキャパシティを越えていなければいけない。
じゃないとどんなアレンジこいても予想の範疇内に収まって、そんなものオリジナルでもなんでもなく誰でも創れたりするものです。
知っていなければいけない感情や事情を知らなければ…それをもっと根深く広く知っている人達には何も届かないんだから。
だから個人的には好きな時間だったりします。

でも料理とそんなに変わらないと思うんですよね。
所詮、曲作りやアレンジなんて音階触れば誰でも出来るもの。
後はあるもの可能なものを頭で組み立てて段を組んでしまうだけの話。
肉じゃが作れたら玉子丼も作れるよみたいなのですね。
それがハードコアであってもバラードであっても変わらないものです。

と長々と書いてしまいましたが今からしばらく引き篭もりたいと思います。
皆に散々いろんな景色見せてもらったり感じさせてもらったものをしっかりと投影して完成させる為に。
大変な日々が始まります。
四方八方から飛び掛ってくる印象。
それを片っ端からやっつけて曲の中にブチ込んでやる。
もう音楽なんてどんな曲でも既出だパクリだと騒がれていますがきっとそんな事はないはず。
きっと俺達がそう思ってしまえば辞めてしまうしかないだろうから。

あぁ、楽しみなのに悶絶な日々にこんにちわ。
やっつけてやる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://drpan.blog73.fc2.com/tb.php/615-4088788f

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。