スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミュニケーションツール。

すき家のまぐろユッケ丼で吐きそうです。
初めてかもしれない、普通に食べただけで吐きそうまでいったのは…なんだったんだろう。
ちんぱんです。


最近はネット上での大衆参加型コンテンツが騒がしいですね。
ニコニコ動画、YOUTUBE、2ちゃんねる、それにソーシャルネットなどなど…。
自分達の勝手知ったるバンドさんとかも話題になっていたりしてね、ほぅほぅって見ているのですが中には酷い書かれ方もしていてショックを受けていたのでした。
匿名性ってやつは恐ろしいもんです。
発信者からすればなるべく避けて通りたくなる様相だったりします。
いや、正直な話ね、避けたい。
でもどうやらそういうわけにもいかないようです。

映像や音楽、それになんかでも店頭などで受け渡しの売りきりのものにはコピーガードやらとにかくその都度デジタルコンテンツに対しての対策が施されているじゃないですか。
いたちごっこだけれども、それでも著作を守ろうとしているのです。
テレビだってそう、番組を守らないとね。
だから無断掲載は削除される。

でも…。
もしかしてテレビという大衆娯楽が発生してから様々な形で発展してきた情報発信源ってやつはもう機能していないかもしれないんですよね。
最近強く思うのは、例えば人気番組であればそれはずっとずっとコミュニケーションツールとして存在していたんじゃないのかって。
そこに最も価値があったのではないか。
人気と言っても様々な種類の人気がありますよね。
もうそれこそ無差別に最大公約数から支持されるものやら、知る人ぞ知る人のみに長く根強く支持されるものまで。
そして番組を見る事によって話題を確保し、一種のコミュニケーションツールとして機能していたのかって。
別に番組そのものが面白いのは条件ではあるけれども、それよりももしかしたらコミュニケーション…。
じゃないと2ちゃんねるとかニコニコ動画の隆盛が説明出来ないじゃないですか。
個人が一定の話題を保持しつつ、それを公の場でやり取りする。

だとすれば。
テレビ番組なんかでもね、高価な制作費をかけて放映したところでその直後に権利を手放して市場に対して広く解放させねばならないのかもしれません。
大衆参加型のデジタルコンテンツがこのまま栄えるのであれば、そこに対して丸投げしなければ。
それでも利益確保出来る耐久力のあるものを作らないといけないという事ですよね。
その理屈でいくと今売れているものの理由が納得いったのでした。
昔は学校の教室の片隅で交わされていたような会話が今は自宅、それもネット上に移行してきているのだとすれば。

もしこれからそうなっていくのであれば、事実上今の様々なシステムが崩壊するのは目に見えているじゃないですか。
スポンサー→制作チーム→市場ってのが制作チーム→市場→制作チームってな具合にね。
作品作りとしてはもしかしたらより健全なのかもしれません。
そうなれば権利に何の意味があろうか。
守って機能しないのであれば手放すしかない。
その中でニーズが限られていると思われていた幻覚が解けて、現れた累々たる無数のニーズをそれぞれに特化した小資本が賄うのかもしれませんね。
極端だけれどもどこにでもアップしていいよ、どう歪曲されようと構わないよ。
それがエンターテイメントとして貢献出来るならばってね。
その時生き残るのは何でしょうか。
それは本当にハイクオリティなオリジナルだけなのかもしれません。
宣伝も風潮も通用しないモノ。
そのモノはそのモノでしかないモノ。
真に求められるモノだけが初めて純粋に力を発揮するのだとすれば。

じゃあ音楽はどうなんでしょうね。
この先3年くらいかな。
よくわかりません。
というかこれは書きにくい内容だなぁ。
………むむ。

規定路線のままではもう薄利多売する事によってしか音楽を守れないかもしれません。
そして進む二極化。
表面的には酷い音質や消耗音楽に注がれる資本。
回転力は増し、増産され一方で淘汰されていく。
その構図が何か大切なものを殺していくような気がして。
どうなろうと構わないんですよね。
しょうがない、時流なんだからどうしようもないじゃないですか。
自由なものを自由に嗜好したいだけ、自然ですね。
これは解放なのかもしれない。
結局は悲観的な話ではないんですよね、むしろその逆。


コミュニケーション。
その意味ではもうエンターテイメントと名が付くもの全てが競合するのかもしれません。
あの夢の王国のようにデータ化出来ないものでも無い限りは。
この手の話題を思い浮かべるだけで頭の中がカオティック。
1年後が読めても5年後が読めないんだから。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://drpan.blog73.fc2.com/tb.php/653-08376e5d

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。