スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栃木足利NorthBBC。

帰ってきました。
くたばっていました。
ちんぱんです。


栃木は足利、NorthBBC。
俺は何をしていたのでしょうか。
なんかいけない写メをたくさん撮られて帰ってきた気がする…。

前日の夜も2時過ぎ、寝ようとしているのにベランダのすぐ外でバイクの故障なのか何なのかひたすらに空吹かしする奴がいたんですよね。
すぐに出て行って止めてくれって言ってやろうと思ったんだけれども、万が一ライブ前日なんかに何かで揉め事に発展したりして心拍数上がったら余計寝れないと思い放置する事にしたのです。
やだやだ。
するとそこから延々3時間、寝付きそうになったらまたブルルンブルルン、ブロロロ…ですよ。
気付けば朝…50分しか寝ていない…。

―集合時間―

きっちりと都内から出発する車組10名揃っていました。
寝坊0。
今回の栃木、実はサプライズというかなんというかよく知る顔が_ _ _ _*とは別のバンドで出演だったんですよね。
なんだ?やるのか?やらないのか?
俺も知らなかったぜ、へ~い!
どちらにしても栃木であろうと転換の不安無しなのでした。
897312547_215s.jpg
そんなこんなで無事に出発したのです。

日曜日、盆始まりの不安とは裏腹に高速は快適そのもの。
8時半頃にのんびり出発して10時過ぎには栃木入り、そして目指す佐野市の餃子屋さんに開店11時前にきっちりと着いたのでした。
素晴らしい。
会場の入り時間が12時半だったんですよね、餃子を食べるならばここしかなかったのです。
なんだったっけ、400円くらいでね、バカでっかい餃子が5つ、それが10皿。
壮観な絵でした。
あれは女子はラーメン餃子という定番コースでは食べきれない量なはず。
そして無事に餃子を完食し一路足利へ時間きっかしに到着。

サクサクっとリハーサルを終わらせて、さてどうするか。
そうなんです、足利にはね、徒歩20分でやっとコンビニが1軒あるかどうかなのでした。
普段俺達は都内に住んでいてわからないけれど、全国的に見ればコンビニなんてほとんど無い場所のほうが多いはずなのです。
ただ空気は澄んでいて湿気の質も全然違う。
渡良瀬川の河原に車を止めてそこで呆けていたのですが、なんとも自由な空間。
大きな川が流れていてひたすらに続く芝生。
あそこに1時間座っていただけで寿命が1ヶ月くらい延びたんじゃないだろうか。
今回のキーワードは自由ですね。

イベントのスタートが16時という事もあっていろいろと早かったのです。
ちなみに_ _ _ _*はトリ前の21時半前後、おぅふ…。
間もなく都内から遠征組のhyperoundが登場。
ゾンビロリータから白河しゅん(VoGt)、元組織暴力幼稚園から植物物語(Ba)、マーブルから竹之下翔馬(Dr)という3ピースでした。
いつか都内でもやるんじゃないでしょうか、この日が初ライブ。
シーケンスも使っていたなぁ、今後が楽しみです。

そして俺達はというと、出番がまだまだ先でイベントを楽しもうにもライブが控えていては体力を消耗させるわけにもいかずにひたすらに温存。
俺もグッタリしたりしていたせいでかんちょうされたり、顔面に絵を描いていたり、これはかなり恥ずかしかったのですがおでこにPって書かれたり…。
そうこうするうちにバタバタと撃沈されていく遠征組。
出番が回ってきたのは22時過ぎた辺りだったのではないでしょうか。

なんかね、やっぱり俺のテンションがおかしな事になっていました。
頭の中真っ白です。
でも栃木なんて初めての場所なのに意外にもきれいに受け止めてくれた気がします。
凄いな、足利。
そして押しに押して主催にして大トリの複数大門が登場。
バンド+ホーンセクションというちょっとしたビッグバンドスタイルでした。
そのうち都内にも進出してくるバンドさんなので多くは語りませんが、とにかく自由です。
サウンドもアレンジもやりたい事をやりたいようにやっている。
あれはまさしく自由。
何のフォーマットも無い、あるとすれば大門というだけ。
いないぞ~、あれは都内でも出会った事がありません。
素晴らしい。
こんな時代にね、やりたいようにやりたい事をやるというのがどれだけ難しい事なのか。

そして足利NorthBBC。
ここも自由だった、本来のライブハウスってこうだったよなと思わされました。
誰が出演するかもわからない、何時に終わるかもわからない、言えるのはここに来れば何かがあるよってなもんです。
良い感じで適当なんですよ、もう都内では死滅したと思われるスタンス。
お客さんも観たいものを観るというスタンスがはっきりとしていて。
とにかく自由。
それに対してバンドさんも何の媚びも無く純粋に演奏するってね。

とにかく足利は自由だった。

ありがとう、足利、そして大門さん。
ペイントで同行していた光君もお疲れ様、かなり良い感じでイベントに溶け込んでいたから嬉しかった。

来月の9月13日(土)、足利のすぐ隣の群馬県桐生に行きます。
前にお邪魔したVAROCKというライブハウスですね。
これもまた嬉しい話でね、前に_ _ _ _*が桐生に行った時にお世話になったスタッフさんが寿退社するのです。
その前に最後にもう1度、桐生VAROCKでの自分のイベントで_ _ _ _*が観たいのでなんとか来てくれないかってね。
行きます、行きますよ、俺達行きま~す!
それによく考えたらね、去年の11月は物凄く反響があった場所なのです。
覚えていてくれるかな、あの時の人達。
足利と合わせてもう1度あの場所へ。

イベントが終演してね、会場撤収しながら足利出発したのがもう1時過ぎでした。
断じて無駄話とかたくさんしていたわけではなく、普通に片付けてその時間。
楽しいイベントでした。
遠征組は半分以上が死、そりゃそうだ、この時点で起きてから19時間、爆音に晒されて7時間。
candyもいつもの如くライブ後は体調が悪いだとかなんだとか、ちょっと寝たら直るもんだから不思議。
一時的に体力を使い果たしたんだろうか、もうちょっとやわだったらよかったのに。
ジンプルなんていつも寝ているぞ!!
ちなみに彼女はランニング始めたそうです。
そして前回の群馬遠征時に発見した油こてこて…油層が最低でも1cmのラーメン屋さんに連れて行って遠征組を完全に葬り去って高速に乗ったのでした。

集団行動って面白いものでね、いましたよ~。
のび太、ジャイアン、スネオ、しずかちゃん。
やっぱり遠征は多ければ多いほど楽しい、そういう時ほど人間の調和がきれいなのです。
そして等しく体力が尽きて爆睡していく様が…まるで家族。
俺も今回は死にました、単純にバイク野朗のせいで寝れなかったのもあるけれど。
今度何かで仕返ししてやろう。


そして朝方5時頃、都内各地で散り散りに解散していったのでした。
楽しかった、皆ありがとう。


さぁ、間近に迫ったRec。
スタジオにでも行ってきます、体が切れてきています。
もう少しでピーク。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://drpan.blog73.fc2.com/tb.php/673-5bba6a4c

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。