スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友達。

な…なぜか俺のデコP写真が流出しているらしい。
恥ずかし~~!!
ちんぱんです。


友達とはなんぞや。
ありがちな人を好きになるってどこからどういうのなんだろうみたいなのと同じですね。
友達って言葉がとても軽薄なものに感じてしまうのは俺だけなのでしょうか。
あぁ、なんて好感度の悪い日記だ…最近振り切ってきているなぁ、あはは。
人と人の繋がり。
言葉には表せないけれどもっと上位の何かがあるはず。

あんたは友達でしょ。
友達なんだから〇〇じゃない。
みたいなのが大嫌いなのです。
メンタルレベルで通じてしまえばそんな言葉さえ必要ないのにね。
ましてやオフィシャルとプライベートの混合だなんてもう最悪。
大嫌いだ。
じゃあ最初から友達じゃなかったほうがよかったのになんて悲劇的な場合もあるじゃないですか。
社会的な場所、オフィシャルの場でその実よくわからないような友達感覚の延長線上のプライベートな感情持ち込まれた日なんてたまりません。
大嫌いだ。
かといって俺がそれを完璧にコントロール出来ているかどうかと問われれば出来てなくて嫌になってしまうのですが。
気をつけないとね。
どこであっても俺は食べるものは食べるのです。
sorry,sorry!
so sorryってば!!

日本ってば尊敬語とか謙譲語が物凄く発達していますよね。
1度何かの謙譲語の専門的な本を読んだのですがビックリしたものでした。
確かに海外でもビジネス英語とか有名なのあるけれどね、またそれとは次元が違うもの。
日本の礼儀作法は世界でもトップクラスのものです。
複雑な挨拶の形態ってあるじゃないですか。
お歳暮だとかね、やれお盆だやれ年の瀬だってそれぞれ事細かにあるものです。
お歳暮もらってもなんて返礼したらいいかわからなかったもんね。
あんなの海外行けば大体が一言で終わり。
Hi!とかHey!とかね。
笑えるくらいにシンプルじゃないですか。
誰でも向こうに行ったら少し混乱するかもしれませんね。
向こうの人達の会話だけ聞いていたらどっちが年上かなんてわからないもんです。
これはきっと日本人の対人の認識が感覚よりも言葉に寄っているからじゃないでしょうか。
友達だとか恋人だとかそんな簡単じゃないのにね。

友達。
いいじゃないですか。
お互いに楽しいだとか有意義であればそれだけで簡単に友達以上ですよ。
付き合いにお金でも絡んでたらまた別だけれど。
100%とか有り得ないけどね、それでも100に近ければ近いほどに自己を認識してもらえるのであればいいじゃないですか。
それが出会った場所、きっかけをルーツとする繋がりであれば。
何が大事かってそれでしょう。
例えば誰かと友達だったとして。
別に同級生でも地元が同じってわけでもない。
随分大きくなってから出会った。
過去に何があったとかどうでもいいじゃないですか。
必要であれば知ればいい、別に今が素晴らしければいいじゃないですか。
あれ、偶然出身が北のほうだったんだ。
じゃあ何か海のお土産ちょうだ~い!
えっ、何?地元が牛だらけなの?
…すいませんがお願いします。
でもね、そんなのおまけであって友達だからってわけじゃないのです。
一緒に食べたら美味しいだろうからっていうだけの理由じゃないですか。
ご飯だけじゃなくてね、話も出来るんだからさ。

オフィシャルで出会ってオフィシャルで繋がり続けているのであればそういう事。
プライベートで出会ってオフィシャルでも繋がってしまったのであればそういう事。
友達とか関係な~い。
何も関係な~い。
学校はもう卒業しちゃったよ。
何の価値観も押し付けられる必要も無し。

確かに俺は普通に敬語使うしね、誰かがもう聴いたかもしれないこの間のasyura 3rdのラヂオ収録でもやられたものでした。
あしゅらズが言うんですよ、収録で敬語使っちゃダメよ~って。
まぁそれでも使うんだけれどね、習性として染み付いているから。
ただね、なんというか音繋がりなのですよ、そもそもの繋がりが。
お互いにお互いの音楽が良いと思っているか悪いと思っているかさえもね、もしかしたらどうでもいいかもしれないのです。
少なくとも俺はそう、それは小さい話。
そんな事よりもね、もっと簡単な話なのです。
一緒に何かやったら面白いんじゃないの?それが偶然にも音楽だっただけの話。
ご飯でも遊びでも仕事でもなく音楽だっただけの話。
そこに余計な異物が混入してくるとおかしな事になるかもしれない。
感覚的にカラオケ行こうよ~ってのともしかしたらそんなに大きく変わらないかもしれない。
だってカラオケだって楽しくない人とじゃなければ皆気が進まないんじゃないかな。
意外とそんなものだったりします。
ただし…確実に言えるのは音楽的にどこからが楽しいのか、その一致が中々無いのは事実なのです。

結論を書いてしまえばどうでもいいんですよね。
書いてから言うなよ、俺。
友達であれば友達なんてキーワードなど必要ない。
人によってそれぞれでしょう、でも俺には必要ない。
じゃあ_ _ _ _*のメンバーが友達か?と問われれば即断言出来ますね。
違う。
違うんですよね。
よくわからないのですがきっと違う。
きっとメンタル的には推し量れないものが…ね。

ちょっと気持ち悪い話でも書いてみようかな。
どう思います?
日々スタジオに入って音を出した瞬間にわかるんですよ。
あれ、何かおかしくなってるな。
おぉ、体調悪そうだ。
おい、絶対に何か良い事あっただろ。
気持ち悪いでしょ。
実は_ _ _ _*、リハ中は音楽以外の部分ではビックリする位に無言なんですよね。
でもいろいろと見てるだけで面白いんです。
逆に言えば恐らく俺の事も伝わっている事でしょう。
つまり。
俺達って下手な嘘とか見栄張った所ですぐにバレちゃうんですよね。
気持ち悪。
でも友達でもな~い。
よくわからな~い。

ただね、いくら俺が冷血冷酷な残酷人間で、例えば人様の大事そうなご飯の大事な部分を食べちゃったら面白そうだからってだけの理由で怒るだろうなと知りつつ信じられない程に何の迷いもなくあっさりパクっといくような子供染みた人間だとしてもわかりますよ。
時に何か…しっかりとした言葉が欲しいってね。
たった1つの言葉で救われる事もあるんだから。
求められて応えれるのであればその時は思いっきり言ってあげましょう。
言葉なんてなんでもいい。
思っている事をそのまま素直にね。
それが出来ればきっと楽しく生きてける。
メンタルのどこかが少しでも繋がっていれば大体の問題がなんとかなるんだから。
尊敬、敬意、誠意、なんでもいいじゃないですか。

ちなみに俺は本当に食べます、最低空気読むけれども気をつけてください。
そんな悪戯を受けていたらそのうち怒るのもアホらしくなるみたいで心のキャパが拡がるみたいです。
それは寂しいなぁ、いつか相手にされなくなるんだろうか。
大変だなぁ、皆。
俺も食べられたらしっかり食べ返すもんね。
ちょっと前にシュウマイ食べられたんだけど後10年は忘れないな、2008年5月9日、ぐふふ。
ちっせー、俺ちっせー!!
この間ね、面白かったんですよ。
人がたくさんいたんだけれど、ジンプルさんの1ℓのドリンク、3分の2くらい残っていたのかな。
それをまた俺が面白そうだからって理由だけで公衆の面前で隙を狙って無理して短時間でキレイに飲み干したんですよね。
俺頑張った。
そしてそのまま置いといた。
ジンプルさんよほど喉が渇いていたんでしょう、すぐに戻ってきてドリンクを手に…あれ!!!!
黙ってなぜか完全なる確信を持って俺のほうを真っ直ぐ見るんですよ。
嫌だなぁ、俺じゃないかもしれないのに。。。

……………。

沈黙、そして笑い。
原始的な悪戯ですね、子供染みてるなぁ。
その程度の人間です。

何が友達かとかどうでもいいじゃないですか。
それであればそれ、それでなければそれ、きっと2つに1つ。
笑いが耐えない空間が必要だったらね、いくらでも嫌われていい。
それで保てるものがあるのであればね。
自身も参加する場も絶対に遊び心を失いたくない。
せめて一緒にいる間は誰彼構わず笑っていて欲しい。


今日もスタジオ、明日もスタジオ、明後日は……恐ろしい日だ。
そろそろ出かけます。
じゃあ今日はなんだからジンプルさんのドリンク、隙狙って中身入れ替えておきます。
ビックリするだろうなぁ、中身がただの水になっていたら…うはは。
あぁ素晴らしくくだらない日々よ、バンザイ!
スポンサーサイト

コメント

>シュウマイ食べられたんだけど後10年は忘れないな、2008年5月9日。

自分もほかの人に似たようなことやっておいて、
根に持つのはナンセンスではないですか・・・?

おっ、しゅうまい食べた人ですね!!
ちなみにあれは深夜2時くらいでしたね。
しゅうまいの思い出が消えるまで食べ続けるでしょう。
あの衝撃を忘れたいのにこればかりは…無理です。

あの日あの時のしゅうまい返せっ!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://drpan.blog73.fc2.com/tb.php/676-3b77f8d4

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。