スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宴の終わり。

終わりました、渋谷DESEO。
そしてたった今帰宅。
ちんぱんです。


帰ってきた_ _ _ _*。
そんな所じゃないでしょうか、なんとなくですがそのような印象でした。
ある少年が実家を家出してね、独り暮しするんだってばみたいなので街に出たのです。
そして簡単だと思っていた事が意外に難しかったりしてね、いろんなもの見て聞いて知って再び家に帰ってきた時にはまるで違う人間になっていたみたいな。
適当に書いていますが、メンタル的にそのようなライブだった気がします。
あまりにも簡単に解放区へ踏み込んだんだから。
そしてそれはライブに参加してくれた皆のおかげでもあるのです。
だってさ、ライブだぜ~だなんて偉そうにごたく並べた所でお互いの生体反応を認識出来ない程面白くない事はないんだから。
主催のasyura 3rd並びに少年アジト、そしてTOKYO BEAT SOCIETYに感謝!!
そしてもちろん会場で参加してくれた皆様方、どうかまた新しい明日に何かを持っていってくれたのであれば幸いです。
ありがとうございました。


いや…実は昨日、個人的に演奏直前異様に緊張したのでした。
かなり珍しい類の緊張。
あぁ、これは確実に何かが押し寄せてくるってのがわかったからなのかもしれません。
と言ってもね、本当にあの映像が始まってからの1分と少しくらいの間の話なのですが。
緊張の種類っていろいろあるんですよね。
最もダメなのは完全に守りに入ってしまうような緊張。
恐らく最も良いのはリスクを受け入れて楽しめる緊張。
昨日はこの両方とも違ったんですよね。
コンセントレーションの必要もなく簡単に後者の状態に入っていたのですが、それ以上に…この程度のメンタルで受け切れるのか?見たいな所で時間にして恐らく5秒程の迷いが発生。
ペース配分じゃないけれど、昨日は主催のasyura 3rdの楽曲を最後の最後でというのが頭を過ぎっていたんですよね。
少しは残さなければという思いに対してそれで受け切れるのか?という迷い。
今を掴む為に1000%でやればいいだけの話だけれどもそれじゃきっともたない。
どうする?
きっとそんな話だったんだと思います。
でね、幕が上がった時にはもういいやってなっていました。
きっとホールから流れてくる空気がそうさせたのだと思います。

なんだろうなぁ…毎度のライブがそうですが、その都度に金看板のイベントがあるわけじゃないですか。
そして必ずその主旨を説明してもらってからそこに参加させてもらっている俺達、そして遊びに来てくれた人達。
どうすれば、どうすれば皆が皆楽しく帰れるのかなってね。
もちろんそこには俺達アクトサイドも含まれているのです、そしてライブハウスのスタッフさんなども。

そうして始まったライブ。
俺アホですよ。
なぜだか左腕と左足が同時に攣るという奇跡が発生。
身体が気持ちについてこれなかったのか、それとも…。
それでね、普通に痛いじゃないですか。
痛いわ!!って思って左手思いっきりスネアに振り下ろして同時に左足地面をドンって蹴ったら1発で治ったんですよ。
あら不思議。
最も印象的だったのはね、ある曲が終わってからある曲に入るまでの間でした。
あの瞬間に全てが凝縮されていたんじゃないかなぁ。
俺達とね、その表情の変わり行く様が同じでした。
覚えているかい?
あの瞬間に視線がぶつかった人達。
きっとこれがライブ。

そして無事に_ _ _ _*終わって始まったasyura 3rdのライブ。
俺はあの人達のあのような様子を初めて見ました。
cellさん、λさん。
だから共演させてもらう意味があるのです。
音楽って素晴らしい。
楽屋で回復させつつ眺めていたのですが、さすがに良いライブでしたね。
またいつか必ずどこかでってね。
そして最後の最後、呼んでもらってじゃじゃ~んって出て行った時には会場は誰が誰とかじゃなくて完全に1つの生き物。
昨日ね、都内だけでもどれだけのイベントがあって全国的にもどこがどれだけ素晴らしかったかなどわかりませんがこれだけは断言出来ます。
あの瞬間の渋谷DESEOは最高でした。
あれ以上望むべくもない結末。
出演者全員がズラ~ッとステージに上がってね、俺は後ろから見ていましたが壮観でした。

ありがとう。


そうそう。
昨日は少し特別な…蛍光塗料のボディペインターという形で参加していた光君。
ちょっと大変そうだったなぁ、お疲れ様。
おかげで会場の雰囲気が時間を追う毎に異様になっていましたね。
一体何人分描いたんだ?
そして骨細工で参加してくれた骨さん、いつになく盛況だったようで何よりです。
あの素敵に展示された骨の数々、面白かったですね。
全てがね、たった1つのイベントに溶け込んでいたんじゃないでしょうか。


そしてイベント終了後…。
なぜか渋谷から湘南に移動した20数名の人間達。
そのまま朝まで宴が行われたのでしたとさ。
つまりBBQ。
暗闇でね、七輪に群がるあの雰囲気、たまりませんでした。
これは誰かがきっと日記に書いてくれるでしょう。
来年またやろう。
後は何やったっけ…サッカー、野球、ドッヂボール、バレー、そして海に向かって砂浜で1人たそがれていた俺に奇襲を仕掛けてきた奴は財布ごときっちり海に沈めておきました。
ばかめ。

それでね、朝8時くらいに解散して俺は一路木更津へ。
所用を済ませて地魚食べて焼き肉食べてかき揚げ丼食べて富津岬で呆けてさっき帰ってきたのでした。
そして今から残った肉をまたもや残党でね…。

楽しかった。
ありがとう、全部ありがとう。
忘れません、皆も忘れないで、昨日という日を。

ありがとうございましたm(_ _)m
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://drpan.blog73.fc2.com/tb.php/683-03da8134

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。