スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末が見えた。

トレジャープラネットはもう少し評価されてもいいと思います。
あれ面白いのにな…。
ちんぱんです。


080911_0424~01
木更津の知人から大量の梨が送られてきました。
梨って…こんなに甘かったっけ?
いつもスーパーで売っているような梨とはもう別物。
なんか1個ずつが重いしなぁ…産地直送は美味~~い!
やばい…食べ始めたら止まらないのです、来年は梨狩りに行こう。


そうそう、軽く報告なのですが12月に西へ向かいそうです。
9月から年末までの予定が完全に見えつつあるのですが面白くなりそうです。
過去には無かったくらいの感じでね、ガガっとそちらへ遊びに行こうと思っています。
京都に行きたいなぁ…柚子入りの蕎麦とかね。
後は神戸、ずっと縁が無かったんですよね。
今まで_ _ _ _*、実はちゃんとしたツアーってのをやった事が無かったんですよね。

理由がいくつかあるのですが…最も大きな要因はね、あのようなライブを連日繰り返しやれる自信が無かったんですよね。
何日も何日も移動を繰り返して毎日毎日ってね。
テンション的には何日でも問題無いのですが、問題はフィジカル。
だったらじゃあ少し抜いてやればいいやんって言われてしまうのですが、それが出来ない体質のようで困っていたのです。

今までだとせいぜい3日で打ち切りとかだったんじゃないかなぁ。
多分過去最高に辛かったのが名古屋→大阪→池袋と続いたのですね。
何が辛いってね、移動が電車やら夜行バスとかであればかなり余裕があると思うのですが、なんせ俺達は車移動じゃないですか。
機材持ち込んでいるのだから仕方がない。
ライブ終わった後の深夜の運転はたまらなく辛いものです。
本当に誰かが起きていてくれて常に俺に話しかけてくれていないとやばい時もありました。
あれだ…仙台日帰りが最もデンジャー、あれは2度とやるまい。
東北道、それも福島より北側って真っ暗で道がグニャグニャしていてね。
今までのパターンだといつもそうだけれど名古屋ライブが終わってから大阪へ向かう途中の多賀ICに向かう時が最も厄介なのです。
名古屋の鶴舞DayTripってライブハウスは高速降りてから少しあるんですよね。
しかもオーナーの春日井さんが楽しいしもてなしてくれるもんだからついつい長居しちゃうのです。
どうやら12月は今までから考えると長そうです、とても楽しみなのですがそれよりも恐怖が上回っているかもしれない。
というか確実にキャパを越えた場所でライブを展開している事でしょう。
ただ今回は関西での前線基地みたいな場所も確保出来そうでね、なんとか踏み切れそうです。
そしてもう1つ楽しみなのは各会場の様子ですね。
ずっと昔にあったような会場内が完全に冷凍庫状態ですね。
超絶どアウェーの日もありそうな気がします。
どうなるんだろうか。
そしてきっと来年は増えそうな気がします、関西方面。
また改めてご報告出来ればと思います。

それもこれも全ては音源の為。
率直に言ってね、もう確実に発表出来る段階に到達しました。
これを必ず西にも届けないと。
都内ではね、今更レコ発企画~だとかレコ発ツア~だとか大々的には敢行しないと思うのです。
どこかの公演から会場に置いてます~くらいに地味な感じになるんじゃないでしょうか。
都内も次々に面白そうな日に参加させてもらえそうです。
これも次の19日の池袋から解禁出来るかと思います、確実に炎上する日が来るぞ。
どうなる事やら。


それとなく思うのですが…明日は桐生に行ってくるのです。
俺達にとっては9月の始まりです。
ふと振り返ると今年は1月から公私共にいろいろとありました。
それで年末までをぼんやりと考えるとね、その周期が明日始まる気がするのです。
もう振り返る間も無い程に猪突な日々が訪れそうで。
それでここまでを考えるとね、今年は間違いなく成長したのです。
自分史でも無かったくらいに実感出来るくらいにね。
メンタル的な部分なんだけれどもね、とにかく浮き沈みが無くなった、安定の一途。
なんかね…ずっと心拍が低いままで何かを軽く重く奥深く整理して溜めれるようになったかのようです。
良くも悪くも腰が重くなったのかもしれません。
これも全ては今まで俺個人に関わってくれた皆のおかげです。
とにかく感謝。
皆にたくさん教えてもらったよ。
かと言って落ち着いたの?と問われればむしろその逆なのです。
声を大にして俺はきっと皆の想像以上に子供だと宣言しておきます。
より溜めれるようになっただけなのです。
でも確実にある部分では年々アホになっていっています。
そしてフィジカル的にもこれからピークを迎えそうな感じです。
そういう意味では俺もまだ生まれてないかもしれないってこっそり思っています。
全部ね、単に小学校くらいからの延長線なだけで本質はそのままっぽいのですが。

ず~っと思っていたんですよ。
ネガティブな感情ってやつはね、困り者なのです。
あいつらって実は物凄くエネルギーを持っていっちゃうんですよね。
俺の場合はごっそりとやられていたのです。
大事な時にまでそれに支配されて遂には自我まで遠隔操作されるみたいなのがなんてもったいないんだってね。
なんというかね、言い方悪いかもしれませんが人ってどうしても疑ってしまう生き物じゃないですか。
人であれ物であれ自分であれ関係なくね。
それなのに好奇心の塊でもあったりしてね。
これはもうしょうがない。
何かにつけて何かに直面した時なんかにどうしたってちょっとした弾みで疑うから信じれなくなる。
そういう時、真相なんてわかったもんじゃありません。
迷いが生まれて信じれなくなってしまっただけでなく何かを間違わせるかもしれない。
大変だ。
でもそんなの人間なんて弱いんだからしょうがないじゃないですか。
何かを疑う瞬間にちょっと待ったってなれればどんなにステキな事なんでしょうか。

とにかく明日はね、あの8月のスリーマン以来溜めてきたものを解放出来ればと思います。
そして桐生のまだ見ぬ初対面であろう人達と精一杯遊んでこようと思います。
きっと楽しいぞ、うはは。
もう少しでその時の光景が目に浮かびそうな今。


―閃―
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://drpan.blog73.fc2.com/tb.php/704-11f7538c

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。