スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WBC監督問題に思う事。

家に入った瞬間、知らない靴が並んでいたらどうしますか?
俺は固まりました。
ちんぱんです。


スランキーサイドのナベジさん…と恐ろしくご近所様だというのが発覚したのでした。
近いのはわかっていたんだけれどもまさかここまでとは…新宿駅から歌舞伎町くらいの距離。
そこに冗談抜きで、本当に冗談抜きでうちのパピの10倍くらいはありそうなメインクイーンのfuzzちゃん♀2歳が住んでいました。
あんなでっかい猫は初めて見ました、後ろから見たら完全にタヌキ。
あまりに家が近いもんで携帯持ってくの忘れて撮り損ねました、近く対比写真を掲載したいと思います。
fuzzちゃんの尻尾がね、完全にクジャク状態なんですよ、そして長い。
その尻尾の3分の2にも満たないパピ、あれはいつか食われるな…。
とはいえこれだけ近くて猫環境があれば遠出する時なんかはお互い預けれるものです。
いやぁでかかった、スランキーサイドの音のでかさよりでかかった。。。
ダムダム団団長宅の猫ともパピは姉妹なんですよね、今度観に行こう。
あぁ、なんか複雑だ。



WBCの監督問題凄いですね。
もう誰が選考で誰が選手で誰が監督なんだか…というよりも一体どうする為にそもそもこの騒ぎが勃発しているのかさえわからなくなっているじゃないですか。
記事なんかも本当のプロが本当に書いているのか。
野球の足元がグラグラしているのは気のせいでしょうか。
夢はどこだ。
上等なゴシップよりもよほど耐久しているのは気のせいでしょうか。
スポーツはスポーツであり続けたらいいのにね、そう簡単にはいかないものなのでしょうか。


昔ね、俺はやっぱり関西地区に住んでいただけあって何の気無しに阪神戦を見ていたものでした。
別に野球を見ているつもりもないのです、ただ阪神戦を見ていただけの事。
今と違ってネットなんてものが無いからね、選手の情報を知りたくてもテレビしか無かった。
テレビで選手が喋る時なんてせいぜいヒーローインタビューくらいのもの。
何もわからなかったものです。
全ては想像の世界。
最初は校庭で遊んでただけのものがね、気がついたら少年野球ですよ。
別に野球選手になりたいとかも無かったのにね、なんでだろう。

地元のヒーローがいたんですよ。
当時の広島カープで現役を全うした選手の方がね、いつも練習していたグラウンドにちょこちょこ遊びに来てくれるようになったのでした。
そりゃ体も大きいしね、ノックしてくれようものなら大騒ぎですよ。
とんでもなく高いフライを打ってくれてそれを捕るのを皆で争っていたもんでした。
不思議とね、誰もが緊張し過ぎていつもあまり話せないものでした。
ただグローブを扱う素振りとかバットがあまりにも似合っていてね、それだけで納得していたのかなぁ。
無条件で言う事聞いて練習していたのです、それで日も暮れて練習を終え片付けた後にたまに話してくれたのです。
プロってどんな所だとかあの選手はどうだったとかね。
小学生の俺達からすれば完全に宇宙人と遭遇しているようなもんですよ。
テレビでしか知らない世界、実際に存在している人達なのかどうかもわかっていないような次元なのです。
その元選手の方が実際どうだったのかなんてね、どうでもよかった。
阪神じゃなくてもよかった。
後々調べたら残念な事に1度も1軍で出場機会が無いまま裏方に転向、その後野球界から身を引いた直後の話だったのです。
でもね、その方はとにかく子供に夢や希望というようなものを託そうとしていたかのようでした。
未だに俺は影響されているかもしれないような日々。

なんかね、金の話やら人間の思惑やらが紙面やらネット上を飛び交っているじゃないですか。
物凄く寂しいじゃないですか。
いつぞやの不倫騒動くらいであればまだいいけどね、よりによって日本の頂点のはずの日本代表の監督問題ですよ。
それさえも根掘り葉掘り穿り返してネタになっているのだとすれば、もうあの頃に感じていたようなものは希薄になっているんだろうなと思えてしまうのです。
もしそうであればプロスポーツなんてものもいつか成立しなくなっちゃうような気がしてね。
今の子供なんてほぼ大人と同等の情報を持てるんだから。
何かこうね、あの頃の感覚と今を刷り合せてみるとどうも違和感が拭えないのも当然なのかもしれません。

芸能とスポーツの境界ってどこなんでしょうね。
スポーツの魅力が失われていくような気がしています。
真の裏話なんて知らないほうがいい事がほとんどでしょう、露出の加減が本当に難しい。
というよりも裏が露出してしまえばエンターテイメントなんて何もかも成立しなくなっちゃうしね。
これからメディアがより自由に報道、俺達もより自由に選択出来るようになるのでしょう。
メディアってやつは本当に怖いものですね。
ブログなんかでもファンからすれば眉唾ものの情報でも書き過ぎた途端に炎上だしね。
あぁ難しい。


これから人間は何に夢を見ていくのか。
そういうものを発信するべき人間が次から次へと現れるのか。
きっとね、これからそういうものを伝える人間って物凄いエネルギーを必要とするはずなんですよね。
能力はもちろん倫理、社会通念にも深い理解を示しながらも常時別人格を起動させ続けていなければならないかのような話でしょう。
普通の人間だったら潰れますね。

WBCかぁ。
もうそれだけじゃ盛り上がれなくなっているのかな。
だとすればやっぱり寂しい話です。
勝利を義務付けられるのがプロスポーツ。
これからどうなっていくのか興味深く観察していこうと思います。

野球見てるだけで楽しかったよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://drpan.blog73.fc2.com/tb.php/832-22d28090

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。