スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐の後。

遠征の準備が全く間に合っていません。
いろいろあったしなぁ…あれもこれも足りないものだらけ、明日はお買い物。
インフルの予防も行かないとやられるぞ!
ちんぱんです。


そんな感じであの大惨事が落ち着く間もなくバタバタっとしています。
ちょっと準備段階の話から書かせてもらおうかと思います。

「人間魚拓」

この話が出たのは確か7月下旬から8月上旬くらいだったと思います。
もっと遡れば_ _ _ _*今年の出演は去年の冬の段階に決まっていたのです。
アホでしょう。
去年も頑張ったのですが、終わった時点で来年どうやって越えようかって話していたもんです。
去年も去年で酷かったのですが、言うまでもなく越えましたね。
来年どうするんだろう、あれ以上はやれないな…。

そんなこんなでネタ探しに奔走していた中で提案された人間魚拓。
基本的に_ _ _ _*と佐藤学との共闘じゃないと成立しない日なのでネタなどがあれば逐一相談していたのですがほとんどがボツだった。
面白いんだけれど現実的ではないものばかりだったのです。
でもね、この人間魚拓という言葉が出た瞬間にピキ~ンときたもんです。
それ、やりましょうって即決。
そこから考えたもんです。
それこそありとあらゆる全てのファクターを可能な限り詰め込んで検討して取捨選択してプランニング。

というのもね、これは悲劇的な話なのですが去年の話ですね。
あの男が裸で登場した瞬間に女性の方が気分を害して全力でホールから退出していったのだそうな。
そりゃそうだ、俺達に配慮が足らなかった。
ごめんなさい。
だから今年はあんな立派な映像まで流してアナウンスして帰れコールをしていたんですね~。
個人的な話ですが俺としても今から起こる事を考えれば本当に楽しく耐久出来る人以外はいないほうがいいと思っていたもんです。
大体ね、人間魚拓って言ったって墨汁が何かの弾みで飛び散ったらどうするの?ってね。
実際俺の右手の爪の生え際の墨汁なんかまだ落ちていません。
何人が真っ黒になったんだろう。
結果あのような大惨事になってしまったのですがそれでもあれが精一杯の予防策だった気がします。

それに何よりどんなに頑張って考えて準備してもね、当日のイベント自体が滑ってしまっていたら…そのプレッシャーって言ったら無いですよ。
たまりませんでした。
まさか俺達が酒やら花束やら持っておめでとうございます~じゃあやりましょうかなんて意味ないもんね。
ライブはライブ、余興は余興。
もちろん出演者全確定した時点でそんな憂いは全く無かったのですがそれでもある種の圧迫はあったもんです、最近はなんでだかこんなのばかりでいつの間にかそれさえ楽しめるようになってきたのですがそれにしてもトリは嫌いだ。
待ち疲れるんだもん。

公開全身剃毛→人間魚拓→ライブハウスらしく音楽的に終了という流れでした。

たくさんの人に手伝ってもらってやっとでしたね。
感謝。
来年の事なんてわかりません。
もちろんその直後の打ち上げで何かあるか考えてはいたのですが、これ以上同じ土俵でやってしまえば次は血を流す事でしかダメでしょう。
ダムダム鈴木さんが言ってたな、このまま行けば3年後には死ななきゃあかんだろって。
そっちに行ってもしょうがないんだからさ。

そうそう、3ピースのダムダム団。
この日はなんと3曲目から4人目が登場。
かねてからそういう構想は聞かされていたのですがまさか_ _ _ _*共演の日に観れるとはね。
しかもその4人目、この日はギターでサポート参加の悪伊直弼ex.ロッキン幕府でした。
なんかね、最前線に戻ってきたんやと思ったら嬉しくてね。
例えどんな形でどうであれね、今後どうなるのかわかりませんがとにかく観れてよかった。
今度リハスタにでも遊びに行ってみよう。

打ち上げもね、皆本当に楽しそうでした。
それでこそやってみた甲斐があったもんなのです。
俺は完全に力尽きて遠くからぼんやりと眺めていたのです。
イベントが良くないと平日であんなに残らないもんね、24,5人いたんじゃないだろうか。
そして打ち上げ会場に最後に到達したのが俺と佐藤学含めたスタッフ陣だったのですが、その途中のコンビニで佐藤学はウコンの力を飲んでたんですよね。
あの男は最後の最後まで祝われるつもりなど毛頭なく、どうやって楽しませようかしか考えていませんでしたよ。
途中で完全にエネルギー残量が0になったらしく静かに落ちていてね、いつもなら皆に悪戯される所だったのですがこの日ばかりはやりきったんだなと思って周囲がそっとしておいたのも偶然ではないでしょう。
前回の日記に掲載した写真ですね。
帰りは帰りで完全に泥酔したcandyが吐いて車内パニック引き起こしていたしね。
candyが打ち上げであんなに酔っ払ったの見たのは初めてでした。
何も言うまい、でも掃除はしてね。

そしてこの日はPaintの光君がね、イベント丸々をこのバスドラに費やして壁に固定して描いてくれたのでした。
1012761251_155s.jpg
三代目。
イベント通して描きながら変わり行き完成していく様をいろんな人が見ていたのではないでしょうか。
目立ってたもんなぁ。
ある種_ _ _ _*の看板にも成り得る場所の絵なのです。
でも俺としてはどういうデザインがいいとかは一切指定しませんでした。
条件はただ1つ。
描き手の光君が描いたものに対して納得するという事。
それであればなんでもいいと思ったのでした。
そして完成したこのバスドラのフロントヘッド。
う~ん、どうなんだろうね、完成品なのかな。
それともライブで踏まれて音を吐き出している瞬間だけ刹那的に完成なのだろうか。
どちらにしてもこいつに今日最後の手を加えて装着、そして持っていこうと思います。
帰ってくる頃にはどんな音になっている事やら。

なんかね、今年度中ずっと…いや、今までずっと纏わり付いていたものが取れたせいか心身共に物凄く軽いんですよね。
もしかしたらね、さっき体重計に乗ったのですが一昨日のライブで3?近く減っていたからそのせいかもしれませんがそれだけじゃない。
やっと音源持って西に行けるんだからさ。
明日夜には出発か…長くて短いんだろうなぁ。
また新しい誰かに出会えるんだろうか、それが楽しみなのです。
こうやって動いたからこそ出会える人達。
出会った所でもう2度と会えないかもしれないと思ってステージに立っているとね、なんかこう言いたい事があるじゃないですか。
こんにちは、さようなら、いやちょっと待って、その前に…ってね。

今日はメンバー集まって遠征前最後の準備に入ろうと思います。
そしてこのブログも間に合えばですが遠征直前に変更しようと思っています。
正直まだ迷っているのですが…恐らくこれからの事を考えたらあまりにも書き過ぎているのです。
だからね、新しいブログと並行してここはこれからより個人的な事をペースこそ遅いかもしれませんが書こうと思っているので読んでみたい人は登録でもしておいてくださいませ。
まだ迷っています、ただ決断するとすれば遠征より手前なはずです。

あぁ、今日はインフルエンザの予防接種行ってきます。
都内、それも自宅ならまだしもライブ連発の遠征途上であんなのもらったらシャレになっていない。
この間ね、パピも病院連れてってワクチン注射打ってきたのですがとてもおとなしかった。
針が背中に入った瞬間とても小さな声で「ミョ・・」と言っていたくらいです、えらいなぁ。
注射と戦ってきます~。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://drpan.blog73.fc2.com/tb.php/863-7b531bb8

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。