スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HP。

HP。
皆どうやって作ってんだろうね。
やっぱりフラッシュとかがかっこいいんだろうか。
でもあんなの立派過ぎるしなぁ。
今はひたすら改造しようと取り組んでいるんだけれど悲鳴の嵐。

HPって本当に大事。
ここ5年くらいで意味合いも変わっちゃった。
単に紹介、参考資料程度のものからより実務的に移行、これも世の流れ。
企業間でアポ取ってから大事な書類なんかを見やすいようにまとめて脇に抱えてスタコラと移動、玄関先の立派な受付で手続きしてやっと応接室でってね。
簡易なものは全てWEB上で出来るようになってしまった。
5年前までもそうなりつつあったけれど、今はより機密性の高い文書や映像やらの資料だけじゃなくて地球の反対側とリアルタイムで会議だなんてものも民間レベルで容易に可能になってしまった。
そんな今のHPに一体何が必要なのだろうか。

_ _ _ _*のHPは完全に作ってもらったもので技術的にはよくわからない。
ただあったらいいなぁって機能は把握しているんだけれどね。
俺は完全にこういうのダメな人になりつつある。
それは…後でまとめて書こう。
ついこの間から音源の試聴や通販なんかも開始してあれやこれやと面白いように発生する問題が1度に掴みきれずにバタバタしているけれど、それももう少し。
これだけでもなんとなく掴めたものがある。
今までのHPのセオリーからしてあるべきとされるコンテンツ、つまり内容。
プロフィール、自己紹介。
バイオグラフィー、経歴など記録。
ディスコグラフィー、作品履歴など。
ライブインフォやニュース、お報せ。
ダイアリー、日記。
BBS、電子掲示板。
これで大体の構成されているメインかな、ここから枝分かれで放射状に組み立てられている。
企業や個人事業主であればより詳細で見やすい情報詰め込んだりしている。

何が必要で何が必要でないのか。
なんかね、ほとんどのHPが実はもう必要な機能を満たしていないんじゃないかって思うようになってきてね。
情報の秘匿、開示が望む望まざるに関わらず無礼講のようになってしまった今、本当に必要なのはもっと別の場所にあるような気がして。
今凄い世の中でね、例えばスパム系や悪質な内容で具体的に我が身に危険が及ぶと容易に推測出来るメールをもらったとする。
そこで送信主がそれを予測しているからこその必要なガードをしていなければ、受信者は送信元を下手すれば送信した場所から半径100mまで絞れる。
郵便や宅配便と一緒で簡単に経路を辿れるもの。
そこまで絞れたら後は時間の問題。
これは別に特別な機関だけじゃなくて俺達みたいなのでも可能な作業。
悪戯メールとかもあるでしょ、場合によってはあれ開いた時点で相手に開封確認の連絡が成されていたりするもの。
つまり脈有り。
振り込め詐欺とかって巷で報道されている程甘いものじゃなくて一般に認知されているレベルの知識からすると相当に高度なカラクリが使われている。
振り込まなければいいんでしょと思っていてもね、やられる場合もある。
聞いた話の中で例えば…ネット注文した商品の情報まで相手に掴まれていたらそこからね。
例え注文して届くのが次の日だとしてもね。

今書いたのはセキュリティの話になってしまったけれども、バンドも一緒。
だって丁寧に作り込まれたHPを覗くよりもどこぞでアップされているのであれば音源や映像見るほうが随分と把握出来る場合があったりする。
それは欲しい情報がHP外にあるということ。
ライトであればいいんだけれどもヘビーであればいかがなものか。
HPに必要とされる機能が変わってきている。
一方的に情報を発信していたはずなのにね、いつの間にかどこからも発信出来るようになってしまった。
そういうものをぼんやりと見ていたら必要なもの、必要でないものが見えてくる。
別に堅苦しい話じゃなくてね、どうすれば些細な遊び心も含めて完全に発信出来るんだろうかってね。

面白いもので過去あれ程に重要な地位を占めていたテレビってものが衰退しているのは必然。
学校の休憩時間なんかに昨日見たあれがどうだったとか話していたはず。
そして来週の同じ時間が待ち遠しくてしょうがない。
ビデオでも発売されようものならばすぐにレンタルなんかしちゃってさ。
それはテレビ制作サイドが完全に権利を握って然るべき時に然るべきタイミングと内容で発信出来たから成立していたもの。
権利を守れたからこその話。
自然とスポンサーとテレビ局が一致を見ていた。
今は逆、権利を守ろうとすればする程にメインストリームから離れていく。
それは権利を有しているはずの番組などのコンテンツをある種放棄してユーザー同士、コミュニティのようなものに泳がせなければならない。
そこで本来発信したかったものとは姿を変えて生きていくコンテンツ。
でも皆飯を食わなきゃいけないから今のままの構造では守るしかない。
それが今のテレビの問題。
よく識者が今のテレビはダメだみたいな批判を目にするけれど、そういう肝心の部分が吟味されていない。
なんでだろう。
ニュースなんかでもテレビから教えてもらう前に携帯電話で知れるもんね。
変わってきている。

何が必要なんだろうか。
巷にあるのは推論ばかりで確固たる答えを弾き出している例をまだ知らない。
俺は思うんだけれども、発信しようとした時点でもうダメな気がする。
それよりも逆転の発想で…う~ん。
いきなりは無理だけれども少しずつ試みてみよう。
結局俺達みたいなのはライブで呼吸しているだけ、ただそれだけ。
別に世の中から省かれても構わない。
大事なモノはもっと別な場所にあるはずでしょ。
だとすれば?

2年はかかりそうだ。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://drpan.blog73.fc2.com/tb.php/913-16d40973

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。