スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋終了。

無事帰京。
帰り道は最低だった。
悪夢の名古屋日帰りの記憶が誕生、ババ~ン。
それはまた後で書くとして…
まずは名古屋MUSIC FARMで参加してくれた皆に感謝!
ありがとう。
東京~名古屋間なんてすぐだ。
朗読を軸に弾き語りなどが中心のイベントに参加させてもらったのは本当に初めてだった。
音楽っていうのは形なんて無いものなんだと改めて再認識。
何を言おうが何を歌おうがそれがその人の音楽、表現。
そうあるべきだ。
後は伝わるか伝わらないか、受け入れられる受け入れられないはまた別の問題なのかもしれない。
きっと突いて掘ってほじくり返して突き詰めた先には必ず何かが隠れているんだろう。
ただ偶然、世に既出の最終形を発見出来たごく少数のフォーマットが定着しているだけの話なのだろうか。

やっぱりね、これまでもいろいろな主旨のイベントに出演させてもらっているけれど今回に限ってはもしかしたら物凄く個人的なのかもしれないけれど七面鳥撃ちの如く音楽的な収穫があった。
自由だ、もっと自由にやれるんだってね。
楽しいイベントだった。
あれは続けて欲しい、もしかしたら今はまだ小さな輪かもしれないけれどいろんなものを無差別に研いで捨てるもの捨てて刃を特化していけばきっと楽しくなりそうだ。
名古屋に可能性が生まれていた、楽しかった。
何も装飾されないままの朗読…俺の見解だとあれはきっと朗読という従来の枠から外れてもっと広義になるんじゃないだろうか。
ありがとう、名古屋MUSIC FARM。
また参加させてもらいます。

ありがとう。

それで帰り道。
今までね、雨とかで散った水分が霧状になって前が見えにくいのはあった。
しかし今回は…完全なる霧+打ちつける大粒の雨+MAXで半m横にズラされた突風、そしてとどめに金曜日のトラック軍団。
特に突風は恐怖、3車線でトラックばんばん走っていてね。
Gのかかっているカーブで雨だから急ハンドル切れないぞってなもんでビビった。
過去最大の悪夢、確か4度目の仙台遠征東北道を越えた。
これらの要素が複合して攻めて来る度に俺は最低やなぁ!最低やなぁ!と呟いていた。
恐らく100回以上は最低やなぁ!と。
3回くらいスリップしているしね、でも帰らないとだしね。
あまりの道路コンディションの悪さに富士川SAでダウン、30分程仮眠を取ったのも思えば久し振り。
いつかの大阪帰り以来じゃないだろうか、恐らく2年近く前じゃないだろうか。
あぁ、よく無事に帰ってきたもんだ。
あんな東名高速は初めてだった、勉強になった。

ついでに運転中とてつもなく眠くすぐ休憩出来ない時の対処法を書いておこう。
ドライバーの皆、試してみるんだ。
1、服を脱ぐ。
これは冬場は特に有効、同乗者に事前に通告して厚着してもらった上で窓全開だと尚良し。
タンクトップ+首タオル辺りが無難だぞ、首は冷やさないほうがいいけれど後頭部は冷やすべし。
2、あくびは全力で、深く長く深呼吸を繰り返す。
とにかく脳に酸素を行かす努力をする。
3、仮眠の有効時間を知っておく。
俺の場合は15分、30分まで寝ると脳を休めたいだけなのに体まで寝て戻るのに時間がかかる。
4、音楽を切る。
一定のリズムを保つ音楽は催眠効果~睡眠を促すだけだからラジオや人の話なんかの不定期なものに頼る。
これは本当の話。
クイズなど必要以上に脳を使うものもアウト。
5、顔面や体を音が出るように叩く。
古めかしい根性論みたいだけど意外に有効、痛さよりパチンという音で目が覚める。
限界点がその都度3分は伸びるはず。
俺の場合は肩~腕~首~顔面と効果があるまで叩き続ける。
6、一点を強く見つめない。
これも眼精疲労からの判断ミスを避ける為に必要。
視界確保出来なければ疲れは倍増、走行中は出来れば2台先くらいに焦点置いておいたほうがブレーキランプの明滅を先立ってタイミング読める。
それと景色の変化をそれとなく積極的に柔らかく眺める。
7、背筋を伸ばす。
単純に血行が悪くなる。
8、心拍を一定に保つ。
これが一番重要なんじゃないだろうか、これまでの話は全部これに繋がるはず。
多分運転だけじゃなくそれぞれにとって大事な日、大事な出来事、いざという時の瞬間に大事なものを蓄えておく為に最も有効。
持続する為にはこれ、最少で最大をってやれば能力以上驚く程にやれるもの。
感情の起伏を避ける、速く動かない、動揺しない、無駄に動かない、これが一番効果的。
普段はノロマでいいじゃないか、その代わり効率と持久で最後に立っているはずだから。

これだけ普段から自然にやっていてもさっき富士川SAでダウンしていたもんね。
こりゃダメだと確信したのが前を走る1台のトラックのテールランプが4台分に分身して目の前に巨大過ぎる壁があるように見えていたもんね。
ダメやん、あはは。
いよいよダメだったら素直に降参して早々に仮眠、これしかない。
体力の有る無しもあるんだろうけれど、所詮人間なんてよほどそういう訓練していない限りはそこまで大差ないはず。
凄い人は凄いんだから。
集中力なんて鍛えられるんだろうしね、後は知ってるか知らないかだけじゃないだろうか。
とはいえ無事に帰京出来たんだからおっけぃ。
名古屋楽しかった。
あぁ…これで家で寝れる、これは悦びだ。
おやすみなさい。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://drpan.blog73.fc2.com/tb.php/932-e09c1077

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。