スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パピ騒動。

~それは私という名であって
私じゃない 私じゃない~

殺し文句だ。
こういう歌詞が描けるのはいかほどのものなのか。
明日はお化けなナベジさんとのリハ、楽しみだ。

この間、パピが生まれて初めての下痢になっちゃった。
恐らく珍しく柔らかいご飯を狂喜乱舞で一気食いしたからだろう。
それでね、もちろん俺もビックリしたんだけれども当の本人が一番ビックリしていたみたい。
なんだこれはってな具合にね。
猫ってそういう場合は部屋中うんちを垂れ流す。
でもパピのえらい所はその都度トイレに駆け込んでいた、絶対にトイレはあそこでしなきゃいけないんだみたいにね。
面白かった、やばい!やべーよ!みたいな顔であのトイレに駆け込む様は人間と何も変わらないじゃないか。
不規則で無差別に襲ってくるあの衝動の度にダダダって駆け足。
それでふぅ~って雰囲気を全力で表現しながらおっさんみたいな顔してビクビクとトイレから出てきたはいいものの長い尻尾をピンと直立させて股間全開で歩いているもんだからどうしても確認してしまう。
何かいけないものが付着したまま俺のベッドやら何やらに行くのではないかと。
案の定、よくわからないミミズみたいなウンチなのか何なのかよくわからないものがピロ~ンとくっついていた。
脱腸ではなかったからいいもののとにかくお尻ふきふき。
パピも大変だな、そうだ、それはそういうものなんだ。

この前の大阪遠征中もパピはナベジさん宅に預かってもらっていたんだけれども帰って再開したというのに俺の所には駆け寄っては来なかった。
あれは多分…忘れているのではない…と信じたい。
忘れているというよりも他人行儀になってしまっているんだと信じたい。
で、無事に自宅に着いてものの10分15分で普段通りになる。
なんだそれ。
パピは大概の場合、俺に鳴けばなんとかなると思っている。
ご飯もそうだしドアが閉まっていてもそうだし遊んで欲しい時もそう。
誰が家にやってこようが無神経極まりなく接近していく。
この部屋はお前の縄張りなんだろう?
その縄張りを侵害されているのにそんなにフランクでいいのか。
まだ誰にもシャ~ってした事ないんじゃないかな。

あぁ、もしも科学が発達してドラえもんの道具のほんやくコンニャク的な猫と喋れるようなものが発売されたのであれば1度でいいからパピとお話をしてみたい。
実際あいつは俺の事をどう思っているのか。
怖いけど聞いてみたい。
もしかしたら都合の良い男なのかもしれないし、もしかしたらオトンみたいに思っているのかもしれない。
もっと俺の都合良く考えたら帰ってきた足音を聞きつけてはわざわざ玄関に出張ってゴロゴロして喜んでいるのは忠犬ハチ公ばりの何かかもしれない。
どうなんだろうか。
避けたいのは…ただ偶然一緒に住むようになっただけの人っていうケースだ。
そう思われていたらたまらないなぁ。
でもメンタルが独立性の高い生き物だからそれも有り得る。
パピ話もあれなんでこの辺にしておこう。

何書こうか…そうだ、あれだ、あれ。
そう、あれあれ。
給付金だ、あの封書が自宅に届いた。
うむぅ、これは天から降ってきた恩恵だ。
これを集めて_ _ _ _*でPS3を買おう、そうだ、そうしよう。
それで皆で代わる代わる持って帰ってバイオハザード5をしよう、それがいい。
X-BOXは生活が崩壊するからダメ、でもPS3なら…しかもそれで皆の親交を深めれるしね。
PS3を通さないと深めれない親交があるんだ!
そうしようそうしよう。
ふはははは、額も中途半端だし後に残るものに使ったほうがいい。
絶対にお腹には入れないぞ。
皆PS3やればいいよ、そこから更にエンターテイメントなんたるかまで学べるじゃないか。
そして日本国の技術の素晴らしさを体感しようじゃないか。
一挙両得、漁夫の利でいこ~ぜぃ!
誰かがなぜ人間はこんなものを作るに至ったかを考えていればいいよ。
それは任せるからその間俺は必死にゾンビをやっつけるんだ。
一種の社会見学のようなものだ、きっとそうだ。
……アホか。

いやね。
真剣に考えた、こんなお金をもらって一体何に使うのが最も理に適っているのか。
よくわからないけれど、俺はこういうお金は楽器やら設備には使いたくない。
嫌だもんね、音楽には純度があるから何物も混じって欲しくない。
国からのお金っていう時点で何かが違う、なのでそっち方面は全部パス。
で、焼き肉とかお寿司だと余裕で使いきれるけれどもそれも罰が当たるし呆気なさ過ぎる。
じゃあ寄付?
うんうん、まるまるじゃなくてもこの中から1人100円でも寄付すれば何か出来そうだ。
大体ね、考えたら考える程に俺は果たしてこれをもらうに値するんだろうかとか余計なものばかり浮かんでくる。
年金ならまだしもこういうのが民主国家で前例のある話なんだろうか。
もし前例があるのであれば有意義な使い方をした人の例がたくさんあるはずだ。
それもちょっと調べてみよう。
不思議だなぁ、この給付金。
皆は何に使うのかもリサーチしてみよう。

もう暖かい。
春だ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。