スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一寸の美学。

今過ぎたこの瞬間。
それはもう2度と出会う事はないもの、0.1秒経過で既に思い出。
どれだけ忘れないように努めたのだとしても1年も経てばその大部分は忘れているだろう。
それだけを見つめてしまえば所詮俺達の時間なんて空虚なものかもしれない。
そんな中、極少ながら後々まで鮮明に覚えている記憶を漂わせているから繰り返すんだろうか。
だったら少し疲れるかもしれないけれどいつからかいつまでも忘れられない程の時間を過ごしてしまえ。
でもそれは無理だろう。
全部忘れたくないのにね、どこかで勝手に漏れていく。
それが惜しくてしょうがない。
だから…もしかしたら…その為に忘れられない記憶を手に入れるのを欲しているのかもしれない。

どうなんだろうか。
ゆくゆくは忘れられないであろう今を感じたいのか。
それとも忘れられない思いを追い求めたいのか。
どちらでもいい。
とにかく今が楽しければ、まずはそれがあればって所だろうか。
そういう事をふと思い描けた時にグバっと開けて見えてくるものがきっとある。
自分の行動様式もあまりに簡単に分解出来たりする。
それと同時に例えば誰かの事が普段よりは理解出来たり…10年前の自分、10年先の自分がもっと身近にいるように気になったり不思議な感覚。

毎年なぜか見に行ってしまう桜の木が自宅近くにあってね、さっきも眺めていた。
あいつらのサイクルは俺からすればとても速い。
生まれて死んでをとんでもない速さで繰り返している。
生まれた時から全力で死に向かいまっしぐら。
あの様は何かを反映しているようじゃないか。
去年最後の一輪になっていた奴が今年もまだ頑張っている、だいぶ生き残っている。
凄い奴だ。

毎年あるはずの桜の季節の別れが今年は無いのが幸いだ。
1年の計は元旦~とかってあるけれどもしかしたら俺はこの時期なのかもしれない。
今日は完全に今日与えられた分の体力気力を使い果たした。
遊んでいたんだろうか、それとも…。
頭がボ~ッとする。
こういう時いいものが頭の中に降りてきてそれを音に変換するとかなりの確率でね。
あぁ、寝ようか、それとも鍵盤に…。
いや、もったいない。
忘れたくないもんね、今のこの感覚。
寝る前に少し音出してみよう。

年々頭が遠くへ飛んで行っている気がする。
何か生まれておくれ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。