スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐怖のマシン。

そうそう、この間わずかな間隙を突いて富士急に遊びに行ったんだった。
午前7時出発、そして現地を15時半には出て美しく帰る計画でね。

はっきり言ってしまえば俺はジェットコースターには滅法強い。
よくわからないけれど負ける気がしない。
何周でも乗っていられるし空いている遊園地でどこまで耐えれるかというのでやられた事がない。
なのに…それなのに!!

これは急降下する直前の「FUJIYAMA」から撮った富士山。
090412_1156~01
きれいだった。
いつもこんな事していてね、余裕があるはずだった。
携帯なんて落とすはずない。
余裕があるはずだったのはあの「ええじゃないか」というモンスターマシン。
やられた。
もうね、列に並んでいて何ターンか前だと帰ってきた人達が見えるでしょ。
おかしい、それにしても会話が少ない…なぜだ。
嫌な予感がする。
「ええじゃないか」というのは基本が背面走行で足がプラプラ。
それはいい、それにしても嫌な予感がすると思いつつも乗り込むと固定されたガッツリ感がその辺のマシンと全然違う。
なんだこれは…やばいんじゃないのか?
そして出発。

あのね、別に破廉恥な事を書きたいわけじゃない。
でもね、出発した時点で俺のメンタルはズタズタにされてしまった。
出発した時点で走行方向に背中を見せていて股間からガッツリ固定されている。
それで頭を少し後ろに倒した感じでユルユル進んでいった。
あの体勢は完全に出産、まさしく出産の体勢だった。
傾斜具合といい足の開き具合といい…なんだ、このマシンは…出発の時点で既にこのような姿勢を強いるのか。
それと同時にこれ本当にやばいんじゃないのかを交互にループ。
最初の急勾配をガガっと登って行ってね、そんな時に限って先頭に乗っていた俺。
後ろを見ると断崖絶壁、そう90°にストンと落ちていくのが見えた瞬間にもうダメだった。
やばい、これやばいぞ!
やっぱり悪い予感は的中していた。
あれは本当に怖い。
前が見えないだけでなく座っている座席部分がグルグルに回りながらグルグルのコースに突っ込んでいく。
今まで三重県長島と後楽園のジェットーコースターだけは多少凄いなと思っていた程度だったけれど遥かに凌駕していた。
このジェットコースターの名前がええじゃないかでしょ、それでこの出産体勢でしょ、それでこの怖さでしょ、一体これはなんなんだ!?と難しい顔で考えている写真をええじゃないかに撮られた。
酷かったなぁ、あの顔。
あのね、本当に富士急のええじゃないかをなめてかからないほうがいい。
メンタルズタズタに刻まれた上にかかるGも半端じゃないんだから。
あれは本物だ。
また乗りたいって思わないもんね、いつか乗るだろうけれど。

今回遊びに行って改めて富士急の自由さというか適当さに触れた。
あそこいい場所だ。
写真撮ればよかったな…

~舞浜には無いものがここにはある!~
byネズミーランド職員より

こんな垂れ幕があったんだもん。
それとかこれね↓
090412_1519~01
なんとか戦隊ハイランダー。
富士急がピックアップしていてその辺を歩いてもいた。
面白かったのはアトラクションの待ち時間を利用してね、何台もテレビが延々とハイランダーを映している。
スケートやっていてもこけたりしてかっこ悪いしええじゃないか音頭踊り出しても疲れてやめる奴とかいてね。
後は透明観覧車で脱いではいけませんっていうのを実際にやっていたりしてね。
どちらかというと適当というよりも酷いものが多かった。
でもね、それが成立していた。
ああいうの初めてだったな、なんというか精神的に余裕が無いと+エンターテイメントをよほど理解していないと出来ないんじゃないだろうか。
だって敷地内をハイランダーが歩いていて子供がたくさん近寄ってもシッシッとかしていたもんね。
キャラ設定がそういうのだから写真撮るのも一苦労していた。
だって写真嫌がってたんだもん、きっと面倒臭がり設定なんだろうな。
それとか自販機の下に落ちているかもしれない小銭を黄色の奴が映像内だけでなくリアルで漁っていたしね。
あれはいい。

それで美しく夕方に帰るつもりが巷の高速料金値引きで大渋滞。
なんてこったいだった。
それで帰りは下道で高尾山とか走って帰ってきたんだけれどもビックリ。
相模湖とかメチャクチャきれいだった。
東京都なのにね、あんなにきれいなものがあったのか。
神奈川もかすっていたな。
奥多摩でもないのに…ありゃビックリだ。
疲れた時は高尾付近に美味しそうなほうとうの店も見つけたから今度行ってみよう。
かなり怖いと推測される廃ホテルも見つけたしね、うはは。

バンド絡みじゃない所で随分と久し振りに遊んだ気がする。
とはいえすぐに帰ったんだけれどね。
そうだ、パピが俺にとても大きな傷をつけた。
090412_0414~01
腕で遊んでいて飛び降りようとした瞬間に後ろ足でギャギャ~っとやった。
痛くなかったけれど血が出ていてビックリ。
やるな、パピ。

今日もリハだ、頭の中が追いつくだろうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。