スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファズ来襲。

パピのお腹が裂けかけ。
術後おとなしくしていればいいものを…明日病院だ、血が滲んできている。
いろいろ大変。
この数日、ほとんど家いなかったせいでお腹の発見が遅れてしまった。
エリザベスカバーっていうお腹を舐めるのを防ぐのもパピは自分で外すし何を貼られても速攻で自分で外してしまう。
どうしたものかと思案するも病院は日曜日休みだしちょっと焦った。
それで_ _ _ _*のデザイン全般を請け負ってくれているサリーさんに緊急連絡。
実はこの人、服飾のプロでもある。
さらにはパピの発見主でもある。
家に駆けつけてくれて様子を確認、さっそく小型犬の服を改良してくれて下腹部まで全部カバー出来る服を一瞬で作ってくれた。
090525_0024~01
凄い特技だ、本当に助かった。
助けられてばかりだ。


でもね、今回の件で本当にビックリした。
避妊手術って言ったってね、人間に換算すれば切腹しているのとそう変わりはないわけでしょ。
お腹に穴を開けたのには違いない。
なのに猫って全然元気。
いつも通りに走っているし跳んでいるし食べてもいる。
それでいて切り口から滲み出ている血。
なんて奴らだ。
人間だったら入院した上で絶対安静でしょ。
やっぱり何かしら頑丈に出来ているようだ。


そしてナベジ宅にお住まいのファズ♀、2歳。
推定7.5?のお嬢ちゃんがやってきた。
2日程の滞在予定。

俺対ファズ戦争勃発。
090525_0022~01
でかいのよ、とにかくでかい。
繰り出されるパンチの重さも半端ではない。
痛いというより重い。
自身の存亡を賭けて戦うというのか。
潔い。
よし、受けて立とうぞ。
それで唸りながらファズパンチを連発してくるんだけれど、いかんせんスピードが遅い。
パピのそれに鍛えられている俺はスイスイかわせる。
面白かったのはファズパンチを連打している時に両手をワンツーのテンポで上手い事掴んだんだけれど、瞬間に両手を掴まれてなぜか二足歩行を強いられたファズがビックリしてしばし考え込んでいた。
なぜこうなったんだろうって。

このでかさになるとね、パピには無い突進という選択肢もあるのを教えられた。
居続けてはいけない玄関から動かなくて動かそうとしてお腹に突進喰らった。
特攻と書いてぶっこみ…イノシシか。
そういう手段をファズが知っていたというのに驚きだ。
健気じゃないか、ファズ。
しかし手の内を明かしてしまったな、2度目は通用しないぞ。
元よりその程度で怯む俺でも無い、ぶはは。
突進したファズはジャンプして俺のお腹にアタックしたまではいいものの、さすがに吹っ飛ばされていた。
かわいそうに…俺もちょっとグフってなったけれどさ。
なかなかの戦闘能力、猫としては破格だ。
ファズの今現在の行動から推測される格差社会は、

ファズ>>>>>>俺=パピ

なるほどなるほど。
しか~し!
残念ながらここはナベジさんの家じゃない。
俺はナベジさん程に心が大きくもないし優しくもないぞ~!
世の中にはお前より強い奴がたくさんいるんだぞ。
ぐへへ、器の小さい人間の家なんだ。
最低でも、

俺>ファズ≧パピ≧飴奴≧Yu-pon>>>ジンプル

にしなければ成立しない。
すまぬ、パピ。
きっと2日ではこれが精一杯だ。
パピはパピとして単独で突破してくれ。
どうしようかな、とにかくでかいからなぁ。
しかもパピも避妊手術の傷が開いてきているもんだから少し手負い。
今回に限っては援護を望めない。
今は玄関に篭城中のファズ。
それは何かの砦??
サンダルが城壁で本丸が折り畳まれたキックボードってか。
全然本丸に隠れられず9割8分がはみ出ているのは気のせいか。
このままでは俺も外に出れない、さぁどうしよう。

なんかね、行動様式を観察しているとやっぱり日本猫のパピと外来種であるメインクイーンのファズでは性質が違う。
ファズはでかいだけあって自分を頑なにまで信じている、心が強い。
なんというかね、多分普通の人よりも獣的な俺の行動にビビってはいるんだろうけれどビビり方がどうにも見えにくい。
余裕が無いんだろうけれど、それでも敢闘精神を感じる。
翼くんとか悟空とかピンチになればなるほどなあれだ。
別にピンチでもない、喰われるとでも思っているんだろうか。
とにかく退かない。
仲良くしたほうがいいぞ~。

それにしても………ライオンハート的なあれで退けないのか?
それとも退きたくても退けないのか?
どっちだ。。。

そもそもね、部屋大改造のおかげでめちゃくちゃ広くなった。
退こうにも退いて一息つける場所がファズには必要なんだろう。
でもファズのサイズでは残念ながらどこにも隠れられる場所がない。
短期間の滞在で変な場所に引き篭もってそのままそこでトイレっていうのは避けたいからね。
何よりも仲良くならなければ。
前まではそういう場所があったんだけれどね、今は無いぞ。
それって暗所であったり狭い場所であったりとにかく人目から逃れられる場所を好む猫だからなんだけれど、それが無いってのは大変な事。
知らない家に来て知らない人の視線に常に晒されて大変なのかもしれない。
今日なんて真横で寝てあげるんだもんね。
でも何匹も俺の家に来て皆心が開かれて帰っていったもんだ。
きっとファズもなんとかなるだろう。


あれだな。
ファズにとっては何かのCMでやってそうな短期留学みたいなもんだろう。
異文化コミュニケーションだ。
恐らく明日パピを病院に連れて行っている間だけが安住の時間。
頑張れファズ。

お、やっと唸るのが収まった…かな。
へ~い、楽しくやろうぜ~。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。