スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オークションサイトにびっくり。

今までね、ネット上でのオークションというものを知らなかった。
存在は知っていたけれど覗いたのさえ記憶に無い。
それにはまるだろうなと思っていたから全く手を出さずにいた。
それで今しがたチラっと覗いちゃった。

某最大手オークションサイト。
バカだ。

例えばもう誰かにあげてもいいやぐらいに思っていた随分と使っていないスネア。
正直これをどれだけ精巧に改造したとしても_ _ _ _*ライブでは使えないだろう。
帯域かぶってジンプルのギターに呑まれやすくなるからね、そもそもパワー不足でもある。
ところが…これね、今知り合いにちょっと頼んで仕入れてもらえれば新品ではないけれど恐らく1万5千円くらいだろう。
そして半永久的に仕入れられる。
なんせこのスネアは量産品、出回っている数も半端ではない。
楽器屋に行けば必ずと言っていい位に陳列棚に置かれている。
新品も中古も有り余っている。
例えば_ _ _ _*で使用しているZelkovaスネアなんかは1つ1つにシリアルナンバーが刻印されていて少量生産だからこれでは回せない…でもこれは…。

ドラムにも中古市場というものがあって、それなりの場所にいればそれなりの美品が簡単に手に入る。
そんな場所、都内だとごろごろある。
あんまり大きな声で言えないけれど、これまた俺からすれば値段設定が危ういと思わざるを得ない○○○オフとかでもそれくらいもしくは以下で置いてたりする。
価格のバラつきが激しい。
別に俺が特別な人間とかではなく知っているか知らないかの差だろう。
上に書いた部屋に転がっていて簡単にそれくらいの値段で仕入れられるスネアの発売された時の定価は確か4万円近く。
このスネアは世に出回っているせいもあってサイトでもたくさん出品されていた。
落札しようと全部競られている。
理由もわかる、実際にはそれなりの現場レベルでは耐久出来るクオリティーでは無いのだから。
でもそのほとんどが3万円近くで落札されている。
行く所行けば業者でなくとも1万5千円で手に入るのに!?
なんて事だ、これは堅気の仕事ではない、でもそれで悠々食っている人間がいるんだろう。
よくいえばトレーダーなんだろうね。


それでね、興味本位で部屋に大量にある当分は使用しないであろう機材群と出品されているものを参照。
提示されている量が千単位で膨大とはいえ、現時点で出品されていなくここでの価値判別不可だったのも多いけれど俺の部屋は想像以上の宝の山だった…。
だって自分の機材を売るっていう発想が0だったんだもの。
眠らせている間に価値が上がっている物もある、どちらにせよ絶対そういう私物は売らないんだけれどさ。
というかこれであればまだ推測の段階だけれどね、もっと簡単なのを仕入れて売ってでわりと簡単に儲かる。
なんでこんなのが成立しているんだろうと思ってカチカチカチカチしつこく調べてみた。
ドラムに限っては本質的にどうやっても騙されないだろうしどれがどれくらいで売れるのとかもわかっちゃう。
だって俺自身が値段ずっと見てきているんだもん、原価どれくらいで技術料どれくらいっていうのももちろん知っている。
確かに俺はそれなりに安く買えるんだろうしね、よほどのビンテージでなければドラムに限ってはさすがにそう簡単には見誤らないだろう。
目の前にあれば触らなくとも目視で得れる形状や質感、状態なんかの情報だけで大体はわかる、ギターやベースと違って生楽器だから。
それって目の前に出されたご飯が食べれるかどうか判定する程度のもの。
やばそうなのは色とか匂いだけでもわかるでしょ。
多少の故障であれば簡単に修理も出来る、パーツだって部屋に相当眠っているんだから。
オークションでドラム売る側に回るのであればこれはきっと必須スキルだ。
それでも売るプロではない、素人に毛が生えたレベルだろう。
別に楽器屋さんとか卸で働いていたわけでもないんだから。
という事は俺みたいなのを考える人間がたくさんいるはず、でも市場が成立している。
本当に儲ける話なんて誰も口外しないもんね、だから買う人がたくさんいるんだろう。
広く喧伝され内緒かのように口外される儲け話なんて全部嘘なんだからこれは正常だ。


ドラムね…。
楽器ってすべからくそうだけれどとにかくビギナーにとっては物の価値がわかりにくいものなんだろう。
無理してでも買うべき物なのか、余裕があっても買う程の物ではない物か。
この判定基準を養うのはそれなりに時間がかかるんだろう。
楽器系で3,4万円のものであれば貯金せずとも給料日直後のちょっとした勢いですぐ買えてしまう。
楽器を欲しいって思った時の気持ちはもちろん知っている。
その勢いでいけるであろう上限も価値に比例してわかる。
年齢によって欲しいランクの物や質もあるしね。
だからそれくらいの価格の物が回転が速く回りやすいのもわかる。
プラスそれが薄っぺらいモニター上のトータルでどれくらいキャッチーであるかね。
例えば人気バンドのドラマーが使用している廉価版シグネチャーモデル、わかりやすいね。
というのもネット上でのオークションでしょ、スーパーで試食とかね、アパレル店で試着とかが出来ない。
つまり誰もが基本的に出品されている商品の値頃感を直接触れて計る事は出来ないという事。
個人が持ち得る情報からする比較と画像と文字のみで判断するしかない。
例えばどこかのちょっと良い感じのお寿司屋さんで席についたとして大将がこれ今日だけ特別に仕入れたんですよ、お薦めですよって言ってくる。
よほど自信が無ければ言われた瞬間に思うでしょ、それが美味しそうなのはわかったけれど一体いくらなの?って。
オークションサイトをよくよく見ているとその人間心理の盲点を上手く突いている出品者が一握りだけれどもいる。
業者臭も玄人臭も微塵も感じさせず装わずにまるで素人かのようにね。

なんでこんなのがわかるかって一通り通ってきたからだろう。
よくわからないけれど衝動に任せてこれ欲しいって思って買った結果、その後どうなったか。
年単位でやっとわかるであろう感覚、実際にそれがどのような質のものだったのか、その次何が欲しいと思ったか。
多分そういう出品者は食えているんだろう。
古くからの市場原理と一緒だ、ただ接点がWeb上という応用編であるだけ。
見ていて思ったけれど本当にライブで使用したいような機材は間違えてもサイトでは買わない。
今欲しいと思っている物でさえね、破格があったけれど買いたいと思わなかった。
怪しいし怖い。
この仕組みが便利だとしても素晴らしいクオリティであったとしても無理だ。
そういうのであれば買う前に絶対に知って確認したい、でもそれは直に触れないとわからない。
だから成立するんだろうね、売る人間と買う人間がパッカリ分離するんだからさ。

しかもね…これってさ、オークションサイトという公開資料があるわけでどういうものにニーズがあるのかをあからさまに教えてくれている。
リアルタイム方程式だ。
どの世界でも中古市場には魔物が住んでいる、車なんて有名よね。
株なんかよりもよほど安定しているんじゃないだろうか。
もっと面白いのはオークションなのにさ、ある一定額に達しないと売れないとかもあるってのはなんだかなぁ、結局それだと微妙な設定が出来る売り手だと損しない仕組みじゃないか。
アンフェアだ。
出品する時機も駆け引きだろうに。
ちょっと酷いなぁ、当然それに呼応しての風評があるんだろうけれどさ。
でもなぁ、部屋にある楽器を知らない人に売るっていうのがどうも嫌だ。
楽器の価値に則って大事にしてくれるかもわからないじゃないか、多分無理だ。
コレクションされる確率のほうが高い。
これも皮肉な話なんだけれどね、総じて良い楽器ほど良い演奏者に渡る確率よりもコレクターに渡る確率が断然高い。
それだったら知っている人にあげて使ってもらったほうがいい。

あれだな…例えば自転車とか比較的安い家電とかだと回しにくいのかもしれない。
薄利多売系ね、きっと苦しいぞ。
ちょちょっと3ヶ月スパンで試算してみたら個人でやるには売り上げ高よりも単価毎の純利益が大事そうだ。
2万5千円くらいから上での落札額の物であればかなりの商売になるんじゃないだろうか。
本とかCDとか小物系及び一部の高価なブランドでない服とかは食うという視点からすれば完全にアウトでしょ。
きっと高価な物より悪質なのも少ない、というかどうしても額が小さいから悪質になりきれない。
無駄なリスク。
例えばCDの中古品を出品者の希望価格以上で奇跡的に1日に100人に売ったとしてもね、それを梱包して発送する時間と手間を考えたらとてもじゃないけれど回せない。
ミスも出てくるだろうしそれだけの情報を処理出来るハード面に対しての初期投資も必要、速度勝負にもなってくるから環境のグレードもその都度アップさせないとね。
しかもCDなんてほとんどが水物。
何よりそういうので必ず発生するヒューマンエラーが痛過ぎる、ロスなんて確率の問題だ。
1人では無理、じゃあ2人となれば当然売り上げも分割されるわけでCD程度の中古価格では厳しい。
まさか毎日とってもレアなCDを半永久的に仕入れれるわけもないんだから。
何よりそれはレアではない。
単に点数を絞って安く仕入れて高く売るという発想よりも、前提としてよりビギナーに対しての単価がそこまで安くなくポップでキャッチーかつニーズのあるものを幅広く撒くという発想のほうが上回りそうだ。
今主流のディスカウント感覚と真逆。
一見すると博打要素満載だけれども扱う物に精通していればそれ程のものでもないだろう。
何よりそっちのほうが在庫リスクも少ないんだから。
想像する限りのベストは妥協しまくったセレクトショップの様相だ。
全体像として実際にどうなのかまで断言なんて出来ないけれどドラムのオークションサイトを見ているとそう映って仕方がない。
どちらにせよ雑な俺には無理だな、あはは。
だから楽器をオークションで手に入れるのはやめようね。
いまいち物の実像がわからなくても楽器であれば間違いなく目を使えなくても足と耳を使ったほうがよほど良い買い物出来る。
人に聞きまくればいいだけの話。
得した~!と思ってもこれじゃ大体やられてるだろう。
ギターも見たけれど…やっぱり相場からしたら高く映る…。

それにしても迷うなぁ。
心底いらないどうでもいい昔誤って買ってしまったキックペダルがあってね。
磨いて300円分くらい部品取り替えれば完全美品になるだろう、その部品もあるんだけれどさ。
そんなに高かった記憶が無いのになぜかそれが定価をはるかに上回る2倍近くの5万前後で落札されていた。
なぜだ、今となっては生産中止の為に珍しいからか…敏捷性もなくレスポンスも悪く力の伝導率も悪い、唯一優れているとすれば少しドラムかじった人間にとってはその筋では有名ちっくなメーカーロゴがババ~ンと入っているからか?
ちなみに俺はその安易さで新品買って失敗したんだぞ。
う~ん、これ全く使えないぞ…だからちゃんとやっているドラマーさんにはあげる事も出来ないようなペダル。
当時の俺の間違いなのか?もう1回スタジオで踏んでみよう。

しばらく観察してみよう。
ドラムだけでこれなんだから他にもきっとたくさんのジャンルで…。
知らないままにオークションで買うのは最初から定価が安いもののほうが安全そうだ。
値頃感を確かめる必要さえ考えないでいい日常品寄りの比較的お手頃な物だとかなりお得な買い物が出来るね。
パピのご飯も安い。
試しに今度、出品されている中で前提としてよく知るスネアの中から鼻に付く臭いのする廉価版スネアを競ってみよう。
でね、無事に落としたら自分のスネアを整備するついでにものの10分20分で2ヶ所程パーツ取り替えて性能も音質もアップ、可能。
ルックスにも気をかけて磨けばいいじゃない。

そして…

クオリティを極限まで追求し到達した世界に1つの『ハンドメイドカスタム』、超美品!!!!
更にシェルそのもののポテンシャルを限界まで引き出し出足鋭い立ち上がりと特筆すべきは低域から高域までカバー出来る幅広いチューニングレンジと豊かな中域の確保を実現しました。
さらにスタジオ、レコーディング、ライブハウスなどでも絶対に埋もれないアタック音の確保が容易に可能です。
もちろん最後のメンテナンス済みで状態及びチューニングも最高の状態でお渡し出来ます!
この度、諸事情で手放さなければならなくなってしまいましたので長らく大切にしてもらえる方にお譲りさせてもらいたいです。
もしご要望があればチューニングやメンテナンスなど諸々のご質問にもお答えさせていただきます。
お問合せなどお待ちしております。


全部本当の話、一点の曇無し。
ちゃんと整備すれば正規で販売されている物は必ず鳴るように出来ている。
ドラムも技術的に特許取得されていたりして、そういう技術的な特性を知っていれば可能。
それとかメーカー毎のサウンド趣向の遍歴、絶対にある。
知っているか知っていないかだけ。
何より有名なメーカーであればISOじゃないけれど、国際的な規定をクリアしているんだから鳴って当たり前。
廉価版の為のパーツ、カスタム用のパーツ、構造的な相性の有無。
それさえわかっていれば好みは別としてね、ポテンシャルとメーカーの主旨からしてのスタンダードから一歩上の音は簡単に出せるんだから。
俺の知る化け物ドラマーはそんなものさえ超越した音を簡単に鳴らすんだから。

落札される値段も詐欺の類ではなくよくわからないビギナーからすれば破格の待遇だろう。
だってほとんどのドラマーがチューニングで苦しむんだから。
何よりもドラムなんてそのものの性能よりも叩き手の性能で音は信じられない程に変わる。
高校生の俺だったら誰に頼んででも買いそうだ、知りたい事、それとなく知っている言葉、求めているであろうものが溢れている。
絶対いるぞ、こんな奴がいるぞ~!!
気をつけろ==!!

それを出品すると元値+パーツ原価からしてどうなるのか。
もしそれで対費用対時間共に大きく儲けてしまったのであればここまで書いてきた推測は当たっていた事になる。
でも書いているうちに良い音を買うだとか売るだとかの発想でアホらしくなってきた。
俺あれだ、損する側の人間だな。
皆苦労して良い音出せばいいんだ、悩んで苦労するんだ。
1回くらい競ってみようっと。
しかも…これ何の日記だったんだ。。。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。