スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤坂L@N終了。

楽しかった。
いろいろと新しい試みも見れた、俺達以外だったけれどさ。
いずれ何か良い形になってくれるだろう。
ありがとう。


1つだけ書いておきたい。
とても大事な話。

バンドはダメ出しされる為にライブをするわけじゃない。
姿勢は間違っていない、むしろ良いんだろう。
ガンコで人の話を聞けない、聞く話を選びまくるというのもダメなんだろうしね。
でもね、それ潰れるよ。
昨日ね、初対面だったあるバンドのスタッフさんがイベント後に唐突に尋ねてきた。

「どこがダメでしたか、どこを直したらいいんですか。」

なんと言うかね、物悲しかった。
良い所だったらたくさん言えたのにさ。
例えば_ _ _ _*のリハーサルも観たんだろうし本番も観たんだろう。
でもね、それに答える為には残念ながら俺は観るプロ育てるプロではないから1度観た程度で断定なんて出来るわけない。
何度もライブを観させてもらっていなければダメだろうし、どこを直せばどう良くなるかもわかりきっていなければ答えられないだろう。
理解が足りない、好き嫌いでは答えられない、何より責任を持てない。
現時点では介入の余地無し。
心底そう思う人間に言ってもらったらいい。
本当の本当に傍にそういった憂慮してくれる人がいるのであればね、我が傷付くのを恐れずに進言してくれるはずだ。
_ _ _ _*にもいるよ、そういうお世話になっている人が5人はいる。
皆真剣だから時には腹立つけれどね、結局は優しいんだから。

別に鳴らす音がどんなのだっていいじゃない。
今認められないものがあるのだとすれば、どんなに凄くたって逆を言えばキャパがそこまでなんですっていうだけの話。
それを人格だと思うしね、これまで散々取り上げられてきた人種差別がなんだとかってあるでしょ。
俺達人間に課されたとても大きな宿題なんだろう、人種だけじゃないんだから。
知らないうちになんでもかんでも差別区別して生きているんだから、実際に今の判定がどっちかなんてわかっていないのが常だ。
必要な機能でもある、食ってはいけない物は食うわけにはいかない。
毒キノコってわかっていて食う人は食う為の訓練をしているでしょ。
化粧したり着飾ったりするのと同じかもしれないし部屋や路上で裸で寝転んでいるのと同じかもしれないしね。
出したいものを出すってそういう事だ。
どうでもいいくらい当たり前だ。

音楽と音楽以外。

どうせ俺の目に映るのはバッサリとそれだけの区分。
音楽と音楽以外…『音楽と』の部分に異物が混入していてはいけない。
それだけは念仏のように言い聞かせて守ってきた気がする。
バンドなんて辛いものじゃない、苦しいものじゃない、目的でもない、ましてやツールでもない。
その為に必要なものは路上の小石の様に落ちている。
気付かずに踏むか避けるか拾うかくらいのもの。
上に書いたそういう優しい人も実は近くにいるもんだ、気付かないだけでしょ。
昨日はたくさん降っていた、純。
失敗なんてつまり前進、よほどの過失で無ければまた新しい日が訪れる。
失敗する準備をしていればいいじゃない。
そんな事もあった昨日…終始とても和やかなイベントだった。
楽しかった。
ありがとう、赤坂L@N。

いろいろもらった。
ありがとう。


さてさて。
今日は夜に大阪に向けて出発だ。
天王寺FireLoopだけれどもね、出番は早めの19時頃かららしい。
気をつけてね、着いてから終わっていただなんて悲し過ぎるでしょ~。
昼間はミナミとかにも寄らなきゃ、会わなければならない人がたくさんいる。
むしろ本番までが分刻みだ、折り畳み自転車も積んで行こう。
やるぞ~、とんでもライブやるぞ~。
パコーンいわす。
せっかくの大阪単発、パコーン。


それとね、実は昨日ライブ後の深夜に仔猫捕獲。
仔猫情報が飛び込んできて現地に急行。
白にグレイ気味キジトラの♂、仮だけれどもバボと命名。
090624_1023~01
090624_1017~02
なんだろう、俺はハ行が好きなんだろうか…。
生後2週間経ってないくらいで大変だ、体長15cmくらいね。
まだ門歯も生えてない、これは10日くらいかな…帰宅してから大騒ぎ。
家、ミルク、温度の確保してからじっくり検分。
健康だった、五体も満足、わりと元気。
この時期はとにかくちょっとした事で死んじゃう、頭が重たいから少し何かに引っ掛かった挟まっただけで窒息とかね。
体のでかさに対しての頭の大きさが比率的に金槌みたいなもんだからさ。
怖い怖い。
まだ助けてくれ~って鳴く以外の機能が備わっていない。
仔猫用ミルクを飲むのも精一杯、うんちおしっこも自力では不可。
でもさっきフロアリングを歩かせていたらおしっこ微妙に漏らしながら歩いていたから一安心。
よかった、最悪自分で出来るな、早いぞ、偉いぞ。
既に俺の顔というか存在もそれとなく覚えたみたいでフロアリングの真ん中にポツンと置いて顔を床につけて待っていたら全力でも分速30cmくらいの歩行速度で必死で向かってくる。
1mを歩ききった。
知性も今からだろう、小柄なはずのパピがでかく見えてしょうがない。
俺の実家で幸せになってくれる事を願って今日夜一緒にGoTo大阪。
かわいいと言うよりも死なせはしないというので一杯一杯だ、おちおち寝れないのだけが辛い。

それにしても…パピを本気でアホなんじゃないかと疑ってしまった。
そんなはずはないんだけれどなぁ…でもアホになっていっているのかもしれない。
バボを見てもなんだこれ…どうしようって困惑しているしね、きっと誤った…と信じたいんだけれどもシャ~って言っちゃった。
終始モジモジしているし。
パピは雌だから母性が覚醒するのかと思い眺めていたんだけれども、そもそもバボが同じ猫なのかの判定に時間がかかっているんだろうか。
なんだこれ、なんか動いているぞくらいのもんだ。
もしくは単純なる嫉妬が先行しているのか、なんせ初めての仔猫との対面なんだから。
猫ってね、産んだ途端に育児放棄するのが結構多いから…おまえかパピ(TT)

今日中になんとか体調を完全に戻さなければ。
パピ~!!
バボ~!!
俺寝るわ~!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。